入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

安楽死 その4

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は現在治療法はなく、その症状は時間とともに悪化していく。

 

「どんどん(症状が)進行しています。最近は目が覚めると右目がしばらく開きません。想像してみてください。体もどこも、ひとつも動かない。(もしそうなれば)視線も使えないので、合図を送る手段が何もない状態です。でも感覚と意識はあるんです。」

ALS当事者たちの声 NHKクローズアップ現代 10月14日

 

感覚と意識だけ(ここまで進行する患者は一部だけだという)。他とのコミュニケーションもできずにこんな極限状況になって生きていく力、希望は湧いてくるのだろうか。ALSの患者の将来に対するこのような恐怖は体験した者でないと分からないだろう。広い意味での安楽死の条件に「耐え難い苦痛」が入っているが、それはがんの末期患者を想定したものである。ALSの患者の「底知れない恐怖」はこの条件から除外されている。

ALS 患者Aさんもブログで「緩和ケア医の先生方がなぜ安楽死議論をがん患者に的を絞って話されるかにいつも不満を感じていた」と打ち明けている。

私は以前うつ病を患った。うつ病のひどい症状に自殺願望がある。私はそこまでは行かなかったが、体験上「言いようのない不安」が支配するのではないかと思っている。それから逃れたいので自殺を希望すると考えられる。一説によるとうつ病の最悪状態では、死期を宣告されたがん患者の心理状態よりも落ち込みが激しいという。

自らの命を絶つことを望む(自死願望)という点では安楽死(広義)は自殺とほぼ等しいと思う。コロナ禍の中、自殺者が増えているからか新聞に次のような文章を見つけた。

 

「090-○○○○-○○○○(※ 紙上では公開)」の携帯電話は365日、電源を切らない。「つながらないと相手は絶望しちゃうんで」。自らの電話番号を公表して8年。2万人以上の自殺相談にのってきた。……傾聴ではなく、論破が大事という。「死にたいときは、脳が混乱して誤作動しているだけだから」。まずは休もうと語りかけ、一日の過ごし方をともに考える。……

「いのっちの電話」で自殺相談にのる作家・建築家 坂口恭平さん(42)

朝日新聞 ひと欄 11月14日付

 

うつ病患者の自殺願望は「脳の誤作動」と思えるが、ALS患者の自死願望は果たしてそのようなものだろうか。

 

2021年度入塾説明会 次回は2月に開催します。

 

 


●育星舎グループ代表:入江篤志

☆小3の頃は、九九が覚えられず 居残りをさせられたぐらいの学力の子。

しかし、すぐれた師匠達との出会いのお陰で、私立洛星中学、さらに京都大学法学部に合格する。

ところがその後学習意欲を喪失。

長いモラトリアムの末アルバイトをしながらプロ家庭教師に、そして学習塾を設立、今に至る。

 

2020年の記事一覧

2019年の記事一覧 2018年の記事一覧

2017年の記事一覧 2016年の記事一覧

2015年の記事一覧 2014年の記事一覧

2013年の記事一覧 2012年の記事一覧

2011年の記事一覧 2010年の記事一覧

2009年の記事一覧 2008年の記事一覧

 

代表の対談・座談会はこちら(育星舎ホームページへ)

 

入江塾トップページへ

\無料体験授業、面談を行っています/