入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

猫のこと 1

育星舎代表ブログ

入江塾説明会開催のお知らせ

 

以下の日時にて入江塾説明会を開催いたします。

 

①1月19日(日)13時

②2月23日(日)13時

 

>>説明会ご案内ページ

 

※席に限りがあるため、できるだけご予約(メールもしくはお電話)をお願い致します。

先日塾説明会があったのだが、終了後、各保護者に挨拶していると、ある方から「先生は猫を飼っておられるんですね」と話しかけられた。

塾のホームページに私の写真を猫とともに載せているので、それで分かったんだと思った。

「はい、スコティッシュ・フォールドなんですよ。」と答えると、その方は携帯で自分の飼っている猫の写真を見せてその話をして下さった。

 

飼い主どうしがペットのことで会話するようになる、ママ友ならぬペット友みたいなものがあるらしい。

それが何となくわかった。

話題はつきないから話はすすむし。

 

犬や猫は母が好きだったので、庭がある祖父母の実家に同居した小学生の頃から飼っていた。

犬は2匹飼ったが、猫の数は正確には覚えていない。

というのは勝手に住みついたのが大半だからだ。

 

最近京都の街中で猫を見かけることは少ない。

昔は塀や屋根の上などよくうろうろしていて、盛りの時期などオスどうしの喧嘩でうるさかった。

飼い猫も以前は家の内も外もおかまいなしに行動していた。

特に私の実家は古い京都の家屋だったので、猫にとっては好都合。

見知らぬ猫も入ってきた。

猫は排便のときコケをはがすので祖母はそれをいやがっていた。

 

現在のようにビルに住居があるとなればそのようなことはない。

さらに飼うとなれば家出しないように、衛生面や健康面に気を使って狭い屋内でということになる。

今どきの猫はかわいそうだなと思うことがあるが、本人は一向に気にしていない。

 

私は猫をどうしても飼いたいとは思わない。

昔の方が猫には幸せだったように思えるし、犬に比べ愛想がないように感じる。

まあ、家内の癒しになってるのでいいかと割り切っている。

とはいえ、ついつい猫なで声で話しかけてしまうのである。

 

 

代表ブログトップへ

入江塾トップページへ

\無料体験授業、面談を行っています/