入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

猫のこと 2

入江塾説明会

 

今、家には猫が4匹いる。

例えば台所など1ヶ所に彼らが集まってくるとまさに猫だらけといった観がある。

一緒に生活しているとそれぞれに個性があるのがわかってくる。

最初に飼ったのは前回話題にした猫で名前をキティという。

4才のメス。

ペットショップで買った。

触られるのをいやがる猫で、子猫の時代は抱けたのだが、今は撫でることもできない。

手を出さない限りおとなしい猫で、その点他の3匹とはちがう。

そんな猫達の気質に興味が出てくる。

 

ある時、テーブルの上に猫専門の月刊誌が置いてあった。

家内が購読の申込みをしたようだ。

「こんな雑誌まであるのか」と驚いた。

犬専門もあるらしい。

それぞれが売れているということだ。

ペットブームとは聞いていたが、ここまでとは思っていなかった。

 

そして出版元をみてさらに驚いた。

小中学生の通信添削の事業で大きくなったあの有名な会社だ。

「こんなことまでしているのか。」

 

実は20年程前、この会社の元幹部だったという人に出会っている。

その方は私に社の方針としておもしろいことを言われた。

「生徒が退会するときは気持ちよく応える。返金などもすぐに行う。それはまた会員になる可能性があるからだ。そのために個人情報を得たら一生追い掛ける。」

個人情報は年令を越えてダイレクトメールなどで使えるということか。

 

最近、この会社から大量の個人情報が流出して問題になった。

その時、私は昔のこの話を思い出した。

家内は小中学校の頃この会社の通信添削はしていない。

ダイレクトメールなどは送られていないから自分で申し込んだ。

しかし、営業対象の年齢層がだんだんと上がっているように思われる。

 

猫が生きがいのお年寄りの方もたくさんおられるそうだが、この会社のターゲットになっているのではないだろうか。

 

 

代表ブログトップへ

入江塾トップページへ