入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

育星舎代表ブログ

安楽死 その3(2020年11月)

「Aさんは『早く終わらせたい』と言っておられ、『どうやったらスイスで安楽死できるのか』と相談されました。スイスで行われるのは、厳密には自殺幇助です。条件を満たせば権利を得られますが、最後は自分で命を絶たなければなりません。Aさんはもう自分で嚥下ができず、手足も動かせない状態だったので、自力で致死薬を飲むことも、点滴のコックを開くことも出来ない。スイスは諦めた方がいいと話しました。」
(Aさん、そして2人の医師と接点のあった女性の言。この女性も神経系の難病に罹っており、この先スイスの安楽死団体「ライフサークル」で安楽死を受けることが決まっている。)

週刊文春 2020年8月6日号

Aさんは19年9月に「栄養物を取らずに死に至ること」について主治医に相談したと投稿。主治医から、「自殺幇助にあたるためできない」と反対されたという内容を書き込んだ。Aさんはできれば自殺したかったのだ。しかし、身体の不自由さがそれを許さなかった。自殺もできない自分の身の上を嘆いたことだろう。  Aさんの病状から考えて正確には不作為による承諾殺人だと思うが。

 

ところで前回、前々回でも述べてきた自殺幇助とはどういうものか。自殺幇助とは「自殺の意図をもつものに、有形・無形の便宜を提供することによって、その意図を実現させること」だとされている。安楽死が行為主体として他人が関与するのに対して、自殺幇助は、その時点で意思能力のある患者本人が関与する(自殺者は、例えば幇助としての介錯を伴う割腹自殺者=作家の三島由紀夫などもいるが、患者以外はここでは除く)。

 

自殺幇助は日本では刑法199条の殺人罪、刑法202条の自殺幇助罪に問われる行為だ。ただし、一部の国や地域では容認されている(広い意味で安楽死・尊厳死に含まれる)。

スイスの自殺幇助団体に詳しい研究者によると、ある団体は依頼を受ける要件として、2人の独立した医師による診断がある、耐え難く制御不可能な苦痛がある、誰にも強いられていない、などを定めている。自殺幇助を望む理由や近親者の意見を書いた文書やカルテの提出も必要だという。

朝日新聞 2020年9月30日付

学習塾をしている私は曲がりなりにも教育者である。そんな私が問題かもしれないが、生きづらさを感じたことがある。このような者が言うのはおこがましいとは思うものの、Aさんの「死にたい」という気持ちは大切にしてあげたい。Aさん本人は強く生き続けたのだから。

 


●育星舎グループ代表:入江篤志

☆小3の頃は、九九が覚えられず 居残りをさせられたぐらいの学力の子。

しかし、すぐれた師匠達との出会いのお陰で、私立洛星中学、さらに京都大学法学部に合格する。

ところがその後学習意欲を喪失。

長いモラトリアムの末アルバイトをしながらプロ家庭教師に、そして学習塾を設立、今に至る。

 

2020年の記事一覧

2019年の記事一覧 2018年の記事一覧

2017年の記事一覧 2016年の記事一覧

2015年の記事一覧 2014年の記事一覧

2013年の記事一覧 2012年の記事一覧

2011年の記事一覧 2010年の記事一覧

2009年の記事一覧 2008年の記事一覧

 

代表の対談・座談会はこちら(育星舎ホームページへ)

 

 

入江塾トップページへ