入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

受験

 

2021年度入塾説明会の予約受付を開始いたしました!

 

 

中学受験は高校受験と大きく異なる。

だから「中学受験をやめて高校受験にしよう」と簡単に言うことはできない。

私が中学受験の入江塾を長年主宰してきたから言うのではないが、高校受験より中学受験の方がおすすめである。

 

まず高校受験においては通学する公立中学の影響が大きい。

中堅クラスの学力までの生徒達は内申点によって受験校が決まってくる。

その内申点も中1から中3までの絶対評価。

中3で急に頑張っても取り返しがつかない場合がある。

内申点によっては進路指導で受験させてもらえない私立高校も出てくる。

中学受験では合格可能性のあった学校も高校受験では門前払いという場合が現実に起こるのである。

学力の低い生徒は中学受験で中高一貫校に入学した方が得策。

そうすればその学校の推薦枠で有名私立大学に行ける可能性も出てくる。

 

次に高校受験においては受験する学校の数が限られる。

私立高校の入試は近畿圏一斉に行われる。

学力の低い生徒ほど入試の機会は少なくなる。

それに比べ、中学受験は大学受験と同様何校も受けられる。

最近では午後入試もある。

 

また高校受験においては冒険ができない。

中学浪人はできないので合格校は必ず確保しなければならない。

安全策をとることによってランクを下げて受験することにもなる。

それに比べ中学受験は全部不合格でも公立中学に進む道があるから多少難しい志望校にも挑戦できる。

 

さらに中学受験で入学すれば中高一貫だから6年間の余裕ができる。

クラブ活動にしろ、大学入試にしろ、中学生活と高校生活が分断されないため充実した学校生活が送れる。

 

最後に高校受験の時期は年齢的に思春期の難しい頃なので親のコントロールが効きにくい。

反抗期が来ていれば親の言うことなど聞かない。

 

過激にならなければ中学受験をしてみて損はないのである。


●育星舎グループ代表:入江篤志

☆小3の頃は、九九が覚えられず 居残りをさせられたぐらいの学力の子。

しかし、すぐれた師匠達との出会いのお陰で、私立洛星中学、さらに京都大学法学部に合格する。

ところがその後学習意欲を喪失。

長いモラトリアムの末アルバイトをしながらプロ家庭教師に、そして学習塾を設立、今に至る。

 

2020年の記事一覧

2019年の記事一覧 2018年の記事一覧

2017年の記事一覧 2016年の記事一覧

2015年の記事一覧 2014年の記事一覧

2013年の記事一覧 2012年の記事一覧

2011年の記事一覧 2010年の記事一覧

2009年の記事一覧 2008年の記事一覧

 

代表の対談・座談会はこちら(育星舎ホームページへ)

 

入江塾トップページへ

\無料体験授業、面談を行っています/