入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

夏休み

 

2021年度入塾説明会の予約受付を開始いたしました!

 

 

「夏休み短縮に反対!私の市の小学校では今年から1週間、夏休みが短くなりました。私は反対です。・・・・・」

これは先日、朝日新聞の(読者の)「声、voice」欄に載った小学生の意見だ。

逆に7月、「夏休みはもっと短くするべきだ」との大人の意見が掲載されたこともあったが。

 

京都では8月25日から小学校は始まったようだ。

私の頃は9月に入ってから学校に行き始めたから、1週間は早まっている。

昔は学校が始まってからも昼までの短縮授業が1週間ほど続いていたように記憶している。

また冬休み、春休みも昔に比べれば短くなっているように思う。

ただ、以前は土曜日の午前中授業があったから、授業時間数としては同じ程度なのだろうか。

 

長期の夏休みは少年(特に中高生)の非行も問題となる。

また事件に巻き込まれたりする場合が報道されている。

他方、休み明けの自殺にも注意する必要があるという。

 

塾としてはどちらの意見に与するべきか。

ただ、長い夏期講習はそれなりに良かった。

中学受験の「入江塾」の場合、北野教室で一斉に授業が行われる。

通常授業の曜日がちがう生徒や、他の教室の生徒などが一堂に集まる。

公園に行ったり、アイスクリームを食べたり、そんなことをしているうちに仲が良くなる。

同じ志望校へ一緒に行きたいと思うようになる。

9月以降の受験勉強の追い込みに大変効果があった。

 

もう10年以上も前になろうか。

合宿をする時間的余裕もあった頃。

「科学の学校」の夏期合宿で遠出した時代がなつかしい。

 

代表ブログトップへ

入江塾トップページへ


●育星舎グループ代表:入江篤志

☆小3の頃は、九九が覚えられず 居残りをさせられたぐらいの学力の子。

しかし、すぐれた師匠達との出会いのお陰で、私立洛星中学、さらに京都大学法学部に合格する。

ところがその後学習意欲を喪失。

長いモラトリアムの末アルバイトをしながらプロ家庭教師に、そして学習塾を設立、今に至る。

 

2020年の記事一覧

2019年の記事一覧 2018年の記事一覧

2017年の記事一覧 2016年の記事一覧

2015年の記事一覧 2014年の記事一覧

2013年の記事一覧 2012年の記事一覧

2011年の記事一覧 2010年の記事一覧

2009年の記事一覧 2008年の記事一覧

 

代表の対談・座談会はこちら(育星舎ホームページへ)

 

入江塾トップページへ

\無料体験授業、面談を行っています/