入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

高槻中学校 2016年前期算数

入江塾説明会

 

【問題】

 

【解説】

 

(1) ABの長さは長針と短針が重なっているとき最も短くなり(長-短=1cm)、

  長針と短針が反対の向きを向いているときに最も長くります。(長+短=8cm)

 

(2) 長針が短針の60°後ろ(2時)から、180°前(《あ》)の位置まで追い越すことを考えます。

  長針と短針が反対の向きを向いているときに最も長くなります。(長+短=8cm)

 

 

(3) 長針と短針が作る角の大きさが等しい場合はABの長さも等しくなります。

   よって、《い》~《あ》までの時間と、《あ》~3時までの時間は同じです。

 

「この一題」トップへ

入江塾トップページへ