入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

入江塾Q&A 演習について

入江塾でよく頂く質問についてQ&A形式でまとめています。

※このQ&Aは4年生~6年生についての内容です。3年生については若干システムが異なりますので直接入江塾までお問い合わせください。

Q1.演習指導(以下「演習」と表現)とは何でしょうか?また、演習ではどのようなことをするのでしょうか?

個別指導と自習の中間に位置するような指導形態です

演習は4~6年の3学年混在で自習しているところを複数の講師が巡回する指導形態で、学習する内容は各自バラバラです。

一般的な個別指導のように1、2人に対して一人の講師がつくというものではありませんが生徒はいつでも質問をすることができますし、講師の方から生徒に声をかけることもあります。

個別の欠点は受け身の姿勢になってしまうということです。

その弱点を補うのが演習指導です。

 

演習では最初からすることが決まっているわけではなく、各生徒はそれぞれの状況に応じた内容を学習します。

具体的にはその週の授業の宿題や、それが終わった生徒には習った単元のプリントなどを渡してそれを解いてもらったりしています。

 

また、5年生からは五ツ木駸々堂の模試を受けるのですが、その対策問題を解く生徒もいます。

模擬試験とは言えいきなり受けるのではなく、それなりに準備をして試験に臨むようにします。

 

Q2.演習は必修ですか?また、どれくらい受講すればいいですか?

必修ではありませんが、効果的な学習のためには受講することが望ましいです

演習はオプションであり必修ではありません。

ただ学年が上がるにつれて学習時間の確保が必要になるために6年生では全員受講していますし、5年生でも少なくとも週に一日は北野教室に通っていただくようにお願いをしています。

演習に来てもらう目的には講師から勉強を習うというだけでなく、宿題以外の学習時間もしっかり確保することや、講師が生徒の学習状況を把握することも含まれています。

 

演習を受ける時間数は自由に決めていただけます

演習に参加する量は人によりけりで、主に宿題がどれくらい自力でこなせるかで変わってくるところがあります。

宿題を終わらせるために演習の時間を確保する生徒もいれば、宿題は家で全部済ませた上で演習では別の勉強をしている生徒もいます。

入江塾では他に習い事をしている生徒も珍しくありませんので、演習は他のスケジュールと合わせて考えて、来られる日だけ参加するという場合が多いようです。

週1日のみの生徒もいれば、週4日参加する生徒もいます。

 

演習のことや普段の学習についての悩みや疑問点については、いつでもご相談していただけます。

 

Q3.演習の費用を教えてください。

演習の費用は事前に申し込まれている月当たりの演習受講時間によって決まります。

 

例)週1回、2時間受講(8時間/月)→913円/1時間

週2回、2時間受講(16時間/月)→770円/1時間

週8時間受講(32時間/月)→682円/1時間

 

 追加で演習を受講される場合の費用は990円/1時間です。

(費用は税別です)