入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

なぜ書写が宿題に出るの?7つの目的と効果について

入江塾の秋定です。

私は算数の授業のときに書写プリントを宿題で渡しているのですが、書写は何のためにするのか、する意味はあるのか、なぜ算数の授業で渡すのかなどよく生徒から聞かれます。

 

その気持ちはわからなくはないです。

学習塾で書写というのはあまり聞かないですからね。

書道教室や生涯学習で行うならまだしも、塾でやる必要性は一見無いように思われるかもしれません。

中学受験の勉強と関係がないことをやって一体何の役に立つのか、成績アップはするのか、というのが彼らの言い分なのでしょう。

 

塾もサービス業の一つだという思いから普段私は律儀に説明してしまうのですが、正直に言いますと私としてはそういうことは自分で考えて、その効果は自分で実感してほしいと思っています。

 

そもそもそういう質問をするのは宿題への取り組み方が甘い生徒の場合が多いです。

それは真剣にやった上での本気の質問なのかと聞きたいのですが、そこまで大らかさの無い対応をするのもどうかと思い日頃は重要な部分をさらっと話しています。

 

ですが中には説明しても本当に書写をする意味がわからないから嫌だという子がいます。

また、保護者の方が判断して子どもに書写はしなくていいと伝えている場合もあります。

そういった場合は私も本腰を入れて説明をする必要が出てきます。

 

今もなぜ書写をするのか?と疑問に感じている人がいらっしゃるかも知れませんね。

折角ですのでここで今まで質問されたこととそれに対する私の回答をお話しします。

実は書写にははっきりした目的があり、わかりにくくてもちゃんとその効果はあります。

そのことも含めてお伝えしていきます。

 

書写についての質問あれこれ 疑問を解決します

質問1「書写を算数の時間に渡すのはなぜ?」

はい、素朴な疑問ですね。

内容は国語なので国語の時間に配るのがもっとも自然でしょう。

わざわざ算数の時間に配るのはなぜか。

実はそこに深い意味はありません。

書写に関してはもともと前塾長が算数の時間に配っていたのが今に至っているのです。

つまり算数の宿題というより、塾の宿題だということですね。

 

質問2「書写は何のためにするの?する意味はあるの?」

先ほども申し上げたように、する意味があるから宿題に出しているのですが、生徒としてはそれがわからないから聞いているというのはよくわかります。

ここでよく答えていることを箇条書きにすると、

 

1.字が上手くなる

2.漢字の勉強になる

3.言葉や言い回しを覚えられる(語彙力)

4.文章表現力を高める(国語力)

5.頭の中に内容を保管する力を鍛える(記憶力)

6.きちんとした文章と接する機会を増やす

7.心を落ち着かせ、集中力を身につける

 

こういった感じになります。

 

字が上手くなる

1番目の字について、小学生の、特に男子に多くみられるのがほとんど読めないような字を書いていたり、ワクから大きくはみ出して書くことです。

テストや作文などでは所定の位置に読みやすい字で書くことが求められますが、私から見て「この字で採点する人に読んでもらえるのだろうか?」と思ってしまう生徒は意外と多いのです。

 

もちろん書写ですぐに字が上達するということはありませんが、少しずつ慣れていき、例えば4年生の頃にはぐちゃぐちゃな字を書いていた子が6年生では見事に成長しているということは少なくありません。

 

そもそも、ひらがなや漢字というのは筆で書くために発明された文字であって、鉛筆やシャープペンシルでは書きにくいという話も聞きます。

大人ほどには手先を自由に動かせない子どもは、手を動かして文字を書く練習をたくさんしてほしいところです。

 

そうして書くことは読むこととまた違い、実際に体を使うのでしたことを自分に刻みこむことができ、それは自分への確認作業になります。

自分がどういう字を書いているか把握でき、それを土台にレベルアップさせていくことができます。

 

一言で国語力と言うには難しいが

2番目、3番目の漢字や言葉の勉強になるというのは子どもも納得してくれますが、注意が必要なのが4番目です。

国語力が身につくと言ってしまうと反論されてしまいます(後述)ので、私は「良い文章を読んだり書いたりすると勝手に頭に入っていくから意味はあるんだよ」などと言うことにしています。

意識に上らないぶん効果は実感しにくいでしょうけれど、目に見えないところで確実に力になっています。

 

これは6番目に挙げたこととも関連しています。

今の子供たちは文章を読む機会が減っているのでそれを書写をすることで補います。

現代では早期からの英語教育が国語を重視しないことに繋がり、国語力を低下させていることも考えられます。

しかし、日本人が英語を聞いたり話したりするときに英語でものを考えているでしょうか?

いったん日本語に置き換えていますよね。

このことからも国語はこれまでと同様に重要なものであると言えるはずです。

英語を勉強する場合でもレベルの高い日本語の力は必要なのです。

 

また、最近の入試問題では年々記述が重視されるようになってきています。

算数でも式や考え方を求められる機会が増えているので、まずは書くことが必要です。

しかし、子どもによっては記述の一文字目を書き出せないことが多々あります。

それは書くことに慣れていないというのが大きいです。

書写をすることで文章を書くことへの抵抗を減らそうという狙いがあります。

 

文字→単語→文節→文章の順番で短期的に記憶できる量を増やしていく

5番目に挙げた記憶力は文章を塊でとらえていったん頭の中に入れる力です。

見た文字を一文字ずつ見て写してを繰り返していると時間がかかる上に文章の意味が理解できません。

文章を読んで文字ごとから単語ごとに、単語ごとから文節ごと、と短期的に覚えられる量を増やしていくのです。

そうすると文章の意味が理解しやすい上にスピードも上がっていきます。

 

※入江より補足:秋定の指摘する「字が上手くなる」「頭の中に内容を保管する力を鍛える(記憶力)」の2点について。

まず前者について、指の動きと脳の発達は関係していると言われている。

教育評論家阿部進先生は講演会で時々指の体操のようなことを聴衆にさせて、「はい、ここまでできた人は6才です」などと笑わせていた。

次に後者についてだが、幼児教材に点描写というものがある。

格子点を結んだ線でできた図形を書き写すのだが、これが簡単にできる子となかなかできない子では学力に差があった。

思考の継続に必要な短期記憶に関係があるのかもしれない。

 

7番目(心を落ち着かせ、集中力を身につける)については精神的なことなので表立って言ってはいませんが、私は確実にこの効果はあると思います。

実は今回の記事を書くにあたって私自身も改めて書写にチャレンジしているのですが、大人の私が一番実感したのが5番目のことでした。

普段生徒たちがどんな気持ちで書いているのだろうか、など思い浮かべながら一回分を書いてみたのですがこれが思ったより「しんどかった」んです。

30分(もっと?)ひたすらに書き続けることはそれだけでも物事に向き合う力を育んでくれるでしょう。

 

質問3「そうは言っても字は上手くならないし、国語力も上がらないよ?」

上記の質問に答えると時折このように言われることがあります。

そのときはとっさに「宿題をさっさと済ませるために文字を書きなぐっていないか?」と聞きたくなるのをグッとこらえて話を聞きます。

漠然と感じるのですが、彼らの言う国語力とは恐らく模試での国語の点数のことです。

成績が目に見えて上がってはいないので、自分が頑張っていることの効果がはっきりと確かめられずに疑問を感じている、というわけです。

 

しかし、それで大丈夫なのです。

漢字を覚えたり、理科社会の暗記をすることは点数に表れるので実力が上がったことを実感しやすいと思います。

でも国語力は数値で単純に測れるものではありません。

少しずつ身についたものが実を結んで目に見える形で表れるのは随分後になってからだったりします。

それは必ずしもテストの点数に直結するものではありませんが、彼らの言語能力の底上げをしてくれます。

 

書写に限らず、国語の学習は単なる点取りテクニックの習得が目標ではありません。

テクニックだけでは受験も乗り切れないのです。

言語能力の向上にも重きを置いているのです。

私たちが国語の点数は急には上がらないと言っているのもそれが理由です。

 

これらのことを子どもたちに真剣に話しても伝わらないか、下手をすると書写を無理やりさせる理由を作っているようにしか見えないでしょう。

先生というのは頑張りすぎると時に空回りします。

だから私はふわっと、国語力という言葉を用いずに「日本語の力が上がるよ」などと言います。

 

ただやるだけでなく、心がけも大事ですよ

先ほど申し上げたように、提出されてくる宿題を見ているとやっつけ仕事のように乱雑な字で書いてあるものが混じっています。

それを見ていると私は言いたくなります。

君にとっては提出すればセーフなのかも知れないけど、そういう考えで取り組んでもほとんど意味が無いよ、と。

それは提出物を出すということをこなしただけのことですから、そういったものには容赦なく「不可」の評価をつけています。

字が上手いか下手か、ではありません。

その子なりに丁寧に書いているか、ということを私は見ているのです。

 

ここまで読んでいただいて、当塾の書写に対する考えはわかっていただけましたでしょうか?

書写の効果については信じるも信じないも自由ですが、信じてやった方がより効果的かと思われます。

人は概ね自分がイメージした姿になっていくのですから、どのような思いを持って取り組むかは未来に繋がってくるでしょう。

私が実践して感じたことは、漢字の書き取りとはまた違った感覚で、学問の香りがする行為だということでした。

一風変わった宿題ですが、だからこそノルマと考えるのではなく読書をするかのように愉しんでもらえたら、と思います。

 

入江塾コラムトップへ

入江塾トップページへ