入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。

ねこのきもち

↓2022年度説明会に関するページはこちらです↓

ペットの雑誌「ねこのきもち」が毎月届く。妻が購入しているのだが、発行所が「(株)ベネッセコーポレーション」と知って驚いた。あの通信教育で大きくなった岡山県の「福武書店」が改名し、さらに多角経営に乗り出している会社である。きっと「いぬのきもち」もあるのだろう。

 

私の家に猫は現在3匹いる。(今年3月に1匹は亡くなった。)私の母は動物好きだったので小学生の頃からまわりには犬や猫がいた。

 

風変りな猫がたまにいた。例えば、おかき(しょう油味のせんべい)が好きな猫がいたのだが、その入れ物の缶の音がなるとどこからともなく走ってきた。そんな珍しい猫の一員になると思われるのが、今いる1匹「ぐりちゃん」だ。

 

おやつのキャットフードのCIAO(チャオ)の本かつお焼(いなばペットフード株式会社)が好きだ。それも尋常ではないほど好物だ。他の2匹は出せば食べる程度だが、ぐりちゃんは執拗にねだってくる。(もちろん主食のキャットフードは充分与えている。)私が座椅子で新聞を読んだりテレビを観ていると鳴きながら腕などに頭突きをしてくる。怒ると目を細めてそのままじっとしている。そのうちに太ももの上にそっと乗ってくる。だっこをしてやると喉をグルグルならす。ベッドで休んでいてもそんなことは気にしてくれない。私の胸の上を堂々と横切り、耳元に顔を寄せてうずくまる。毛が触り、息づかいが聞こえ、ゆっくり寝てられない。また、立っていると目の前でゴロンとあお向けになりお腹をさするよう促す。(以前何回かお腹をさすってからチャオをあげたのでそんな癖がついた。)私が台所に向かおうものならダッシュでテーブルの上にのり、与えなければ首をかしげて待っている。そんな行動をチャオを食べて1時間後にはくり返し起こすのである。私が疲れているときには無視したくなるのだが、「ねこのきもち」は変わらない。1日せいぜい3回でやめることにしているのだが、買い出しも大変である。結構お金も掛かる。

 

チャオには依存性の物質でも含まれているのだろうか。

 

お問い合わせはこちら

フリーダイヤル(スマホ用)

メール(PC・スマホ共通)

 


●育星舎グループ代表:入江篤志

☆小3の頃は、九九が覚えられず 居残りをさせられたぐらいの学力の子。

しかし、すぐれた師匠達との出会いのお陰で、私立洛星中学、さらに京都大学法学部に合格する。

ところがその後学習意欲を喪失。

長いモラトリアムの末アルバイトをしながらプロ家庭教師に、そして学習塾を設立、今に至る。

 

2020年の記事一覧

2019年の記事一覧 2018年の記事一覧

2017年の記事一覧 2016年の記事一覧

2015年の記事一覧 2014年の記事一覧

2013年の記事一覧 2012年の記事一覧

2011年の記事一覧 2010年の記事一覧

2009年の記事一覧 2008年の記事一覧

 

代表の対談・座談会はこちら(育星舎ホームページへ)

 

代表ブログトップへ

入江塾トップページへ