入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

兼好法師ギライ!?

つれづれなるままに

 

つれづれなるまゝに、日くらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

 

することもなく退屈なのにまかせて、日がな一日硯にむかって、心に浮かんでは消えていくとりとめのない話を書きつけてみると、妙におかしな気分になってくる

 

作者は兼好法師。『徒然草』の冒頭部分でとても有名な一節です。

 

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔・卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。卜部氏の嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)あるいは単に兼好(けんこう)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書では「兼好法師」と表記される。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者。私家集に『兼好法師家集』。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

『徒然草』は、鎌倉時代に書かれた随筆で、244段に筆者である兼好法師自身の経験や逸話、様々な交友関係を通して見たり聞いたりした話が書かれています。

軽妙な語り口で、人の性質や欲望、生と死のはざまでゆれ動く人間のおかしみが描かれており、現代に生きる私たちにも通じる部分も多くあります。

批評家の小林秀雄は、エッセイの中で兼好の「物が見え過ぎる眼」を指摘し、『徒然草』を「空前の批評家の魂が出現した文学史上の大きな事件」と最大級の評価をしています。

 

兼好法師

中学、高校では「仁和寺にある法師」(52段)、「高名の木登り」(109段)、「花は盛りに」(137段)あたりを学習したように思います。

「仁和寺にある法師」では、石清水八幡宮を参詣できなかった仁和寺の法師の失敗談に、「先達はあらまほしき事なり」(ちょっとしたことにも案内者はいてほしいものだなあ…)と感想を述べ、「高名の木登り」では木登り名人が、「過ちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ」(間違いは易しい所になって、必ず起こすことでございます)と名人ならではの含蓄のある言葉を私たちに投げかけてきます。

「花は盛りに」では、桜の花には、満ち足りた美しさばかりがよいのではなく、心の目で感じる必要性を説いていく兼好法師。

このようにありがたくも深いお話が満載の作品ですが、私は高校生時分からどうにもこの『徒然草』というか兼好法師が苦手でした。

感心したり、教訓を有難く頂戴するよりもむしろ、兼好法師の底意地の悪さ、あまのじゃくな正論が鼻持ちならない感じがしてはっきり言って嫌いでした。

兼好法師の視点やことばの鋭さが、日々の凡庸な生活を送る身にはいささか堪えたわけです。

 

同様にあまりよい印象を抱けなかったのは、千利休です。

今回は兼好法師がメインですのでいずれ詳しく書くとして一つだけあげておきますと、一輪の朝顔の件でしょうか。

利休の庭に咲き誇る見事な朝顔を見るために、はしゃいで訪れた豊臣秀吉に庭の朝顔をすべて刈り取って、たった一輪の朝顔を見せることで自身の美意識を表現するというのは、なんとも鋭利すぎて耐えられない気がします。

私には、利休が自分の考える究極の美を追求したというより、「凡人」(天下人・秀吉)を見下した高邁な底意地の悪さを感じてしまいます。

 

「五月五日、賀茂の競べ馬を」

さて、話を兼好法師に戻しますと、決定的に嫌いになった話があります。

「五月五日、賀茂の競べ馬を」(第41段)です。

内容を簡単に説明しますと、

祭り見物の人でいっぱいで、兼好たちがなかなか前に進めない状況。そんな中、一人の法師が木の股に腰かけて見物をしている。しかも居眠りをしながら危険な状態で安心して眠っている。見物人たちはその法師をみてあざけり笑っている。兼好は、「お前たち笑っているけど、あの法師と俺たちだって同じようなものだよ。今すぐ死ぬ可能性もあるのに、祭りにうつつを抜かしてさ」というと、皆が感心して兼好に前列を譲ってくれた。

言葉は発せられるタイミングによって人は感動もするし、全く響かない場合もあると兼好法師は感想を述べています。

まったくその通りかもしれませんが、この話はストレートに読めば、わたしの言葉に感心して得しちゃったよ、という自慢話だとしか考えられません。

牛車に乗って、身なりも一般人とは異なる格好をしてさっそうと登場した一団に対して、忖度した人々が舌打ちしながら場所を譲ったのが事の真相ではないかと。

そもそも混雑した状況で聞えよがしにそんなことを言うかな、ましてや、その言葉をありがたく感じて場所を譲る…、不思議というより不自然さを感じてしまいます。

 

今から十数年前の兼好法師を嫌いになったことを、とりとめもなく書いていると妙におかしな方向に話が進んでしまったので、あらためて『徒然草』を読んで兼好法師と対峙してみたいと思います。

本当に嫌いかどうかはそれからゆっくり確認してみます。

そういえば、木の股に腰かけていた法師はその後どうなったのでしょうか…。

 

筆者:木村A