入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

2019年度 入江塾合格体験記

Aくん…洛星・東山(ユリーカ)合格

Aくん

6年生の前半くらいまでは、出された宿題をこなすのに精いっぱいだった

ぼくは、4年生の時のはじめ、友達のさそいで入江塾に入塾しました。

6年生の前半くらいまでは、出された宿題をこなすのに精いっぱいで、演習でも宿題ばかりしていました。

さらに、志望校も4校と多くあり、第一志望を決め切れていない状態でした。

そんな時、佐藤先生との面談がありました。

面談中は緊張して、あまりしゃべれなかったのですが、最後に決断を迫られたとき、ぼくは、洛星中学校を選び、洛星中学校に合格するために頑張る決意をしました。

過去問をやっていると、段々解けるようになり、自分の身に力がついているような気がしました。

 

みんなで合格したいとの思いと両親や先生の応援で最大限の力が出せた

受験前日。

学校で「どうしよー。ヤバイヤバイ・・・。」と散々さわいだ後、小学生で最後の演習を受けるため、入江塾に向かいました。

演習の途中にみんなでホワイトボードに寄せ書きをし、写真をとりました。

この仲間たちと、みんなで合格したいと思いました。

送迎車に乗り、出町柳についたときに、木村先生が「いつも通りやったらできる」とはげましてくださったので、心の中で「絶対合格するぞ。」と思いました。

 

受験当日。

洛星中学校につくと、秋定先生が応援グッズを下さり、とてもうれしかったです。

そして、両親と先生の応援のおかげで、最大限の力を出すことができ、合格することができました。

お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

 

Aくんのお母さん

5年終了時には洛星を狙えなかったが1年もあるんですよ!大丈夫ですよ!と頼もしい言葉を頂いた

この度、第一志望の洛星中学校に合格することができました。

入江塾の先生方をはじめ、一緒に楽しく勉強を頑張ってくれた入江塾のお友達にも、心より感謝いたします。

 

4年生になり、体験入塾した大手の塾は夜が遅く、授業がつまらないと本人が敬遠し、友人の紹介で入江塾の体験を受け、「ここに行きたい!」と即決。

4年生の7月から入江塾(出町教室)で、週2日の4科授業を受けることになりました。

 

5年の9月より、夏期講習がよほど楽しかったのか、北野教室での土曜日授業をあっさり快諾し、土曜日授業+演習となり北野へ移籍しました。

5年の12月から駸々堂対策が始まりましたが、その頃までの駸々堂の結果は、軒並み偏差値60前後で、とても洛星を狙えない状態で、5年生を終えました。

この頃の佐藤先生との面談で、「高槻・洛星志望ですとお伝えするのも恥ずかしいのですが・・・。」と話したところ、「お母さん、まだ1年もあるんですよ!大丈夫ですよ!」と頼もしい言葉をいただいたのを覚えています。

 

煮え切らない本人の志望校選び。面談で洛星受験への背中を押して頂いた

6年生に入り、駸々堂対策、3月から始めた秋定先生の個別の効果が着実に表れ、徐々に成績が上がっていき、夏には偏差値70辺りまで伸びてきました。

7月に始まった高槻・洛星対策講座にも入れていただき、学校説明会などに参加する中で、志望校の絞り込みを行っていきました。

 

しかしながら、肝心の本人の志望校が煮え切らず、再び、佐藤先生に相談したところ、3者面談の場をいただきました。

「第一志望を決めないと対策しようがないから、はっきり決めなさい!洛星で行くな!いいな!」と、背中を押すとともに、親の意向の代弁をしていただきました。

終わってみて感じましたが、過去問を解く時間や傾向を知る意味でも、チャレンジ校はせいぜい2校が限界だと思いました。

8月に受けた洛星オープンテストはB判定でした。

 

親子で日々の家庭学習を継続、洛星の過去20年の算数を全問チャレンジ

10月に入り、五ツ木駸々堂模試の偏差値が65前後に逆戻りしてしまいました。

この頃まで完全に塾任せになっており、家庭でのゼロ勉が原因なのは明白でした。

洛星受験に向けて、入江先生との面談の機会をいただき、「大手の塾の生徒は、もう余力がない。うちの子はこれからが勝負です。(模試結果と洛星合格者の分布を見せられ)まだまだ届くポジションにいるのだから、これからはご両親も協力して、家庭での学習に協力してください。」とご指導いただきました。

ここで、ついに両親ともにエンジンが点火し、家庭での指導にあたりました。

夜の演習を2コマ増やし、塾の宿題は家庭で終わらせ、さらに夫婦で分担して、社会と理科の予習シリーズの実力完成問題集の潰し込作業を毎日続けました。

 

本番100日を切り、少しでも気を紛らせようとゲーム感覚のカレンダーを作り、親子で日々の家庭学習を継続しました。

週末には、秋定先生の難問プリントを一緒に解き、さらに、11月からは、洛星の理科の攻略に向けて、木村先生の理科個別を追加することにしました。

そんな中、難問がなかなか解けないので、原因を調べると、駸々堂対策の直しが全然出来ていないことが判明。

算数の難問解きを中断し、今までの駸々堂対策の直しの全問トライに徹し、算数の基礎力の総ざらいをしました。

間違い直しのボリュームが多すぎて、音を上げた息子に一喝したのもこの頃です。

 

11月の洛星オープンでB判定、最後の五ツ木駸々堂も偏差値70手前まで復調し、冬期講習のラストスパートに入りました。

冬期講習中は帰宅後、洛星の赤本を広げ、塾で未着手の年度の問題と、洛星の過去20年の算数を「速さ」「図形」「規則性」の3つに分類した問題集をつくり、全問チャレンジに毎晩遅くまで励みました。

 

「今までやったどの過去問よりも一番解けた!」との本人の声に頑張りが報われたなと感じた

そして、当日を迎えました。秋定先生と校門で待ち合わせ、先生方の寄せ書きと消しゴムをもらって、だいぶ緊張が和らいだようです。

大手校の出陣式の勢いに圧倒される前に、会場に入ってしまうよう秋定先生がリードされました。

会場に向かう直前、“あの”秋定先生から力強く背中を叩かれ、本人は、「これはやらなければ」とすごく力が湧いてきたと語っていました。

受験を終え、会場から出てくる息子から、「今までやったどの過去問よりも今日が一番解けた!」と興奮気味に第一声があがり、結果は如何にせよ、頑張りが報われたなと感じました。

 

先生方にはマイペースでのんびり屋の息子の性格に寄り添っていただき、時には厳しくおしりを叩いて、つらい時にはサポートしていただき本当に感謝しております。

この一年は母である私も悩み多い一年ではありましたが、「何かあったら私に言ってください!」という佐藤先生のお言葉が本当に頼もしく助けられました。

入江塾の皆様、本当にありがとうございました。

 

Bさん…高槻・立命館宇治・京都産業大学附属・京都学園(GN一貫 A特待)合格

Bさん

5年生の冬期講習が終わって志望校を高槻に変える事を決意

私が入江塾に入ったのは小学校4年生の2月でした。

始めの頃から、苦手な教科は算数だとわかっていましたが、特に対策などはしていませんでした。

なのであまり上達せず、模試などの成績の足を引っ張っていました。

その一方で国語は得意だったので、それで駸々堂の偏差値には満足していました。

 

しかし、志望校が明らかになってくると、できない科目が目立ち始めました。

そこで、佐藤先生が個人指導を受ける事を勧めてくれました。

算数を八木先生に、そして当時の私の志望校には作文が必要だったので、作文の個人指導を小林先生にしてもらう事になりました。

 

しばらくは順調に進んでいましたが、ある模試の結果がE判定でした。

あまりの驚きに、その時は笑う事しかできませんでしたが、後から真剣に考え始め、5年生の冬期講習が終わって志望校を変える事を決意しました。

その新たな学校が高槻でした。

 

洛星・高槻の対策授業に参加、日に日に解ける問題の数が増え先生や親からたくさんほめられた

入江塾では洛星・高槻の対策授業があったので、それに参加しました。

算数の個人指導も秋定先生に教えてもらうようになり、国語は作文がなくなったので、早い時期から古い過去問をたくさん解きました。

志望校は第4志望まで決め、後は勉強あるのみでした。

 

目標を新たに定めると、気合が出てきて、対策授業の問題も、日に日に解ける数が増えて、五ツ木駸々堂の偏差値も、国語や理科は70台まで達成しました。

11月にもなると、さらに本格的な赤本の問題も解き、合格判定を出して自分の実力を見るかたちになりました。

対策授業では70~90点台がとれるようになり、先生や親からもたくさんほめられました。

この時期は、一番がんばったと思います。

 

試験前日にかかったインフルエンザ、それでも先生に応援してもらい悔いのないようにがんばれた

少し疲れると、ほかのみんなも自分と同じ気持ちになっていると思い出し、それでまた勉強が続けられます。

「みんなしんどいんや」そんな言葉を先生から聞き、ねじを巻いたかのように鉛筆が走り出します。

その調子で冬期講習を終え、いよいよラストスパートです。

 

みんなが学校を休んで塾へ足を運ぶ中、私は学校へ行きました。

週末や木、金は塾に行きましたが、基本的に学校は休みませんでした。

私は特に追い込みはせず、最後の週はゆっくりしていました。

 

しかし前日になると、高熱を出し、一番楽しみにしていた寄せ書きに参加する事ができませんでした。

友達に二度と会えない悲しみと、学校を休めば良かったという後悔。

泣きました。

でも、今更泣いても無駄です。

熱は40.4℃もあり、インフルエンザのA型だと聞いてショックを受けました。

その夜は薬を飲んで、明日に備えて18時に寝ました。

 

当日は薬のおかげで昼過ぎには熱は完全に下がっていました。

早朝に家を出、校門では木村A先生に言葉をかけてもらって試験に挑みました。

電話でも佐藤先生に応援してもらい、悔いのないようにがんばれたと思います。

でも、インフルエンザになると、取り返しのつかない事になるかもしれません。

私は軽症で、運が良かっただけかもしれないので、皆さんもできるなら学校を休むことをお勧めします。

一番大事なのは何かを考えましょう!受験が最優先ですね。

 

2年間で学んだみんなでがんばる事の大切さと「初心」を忘れない事の大切さ

私が入江塾で過ごした時間は特別でした。

帰る時間になると、しゃもじでたたかれなくてホッとする気持ちと、終わった時の解放感と、楽しかったな、帰りたくないなという気持ちになります。

みんなとがんばると、勉強が好きになってきます。

演習が楽しくてたまらないのは、入江塾の良い所だとおもいます。

 

それの他に、「初心」を忘れない事の大切さもわかりました。

新しい志望校に向けてがんばっている時、私は「初心」という感情で緊張感をおぼえました。

その緊張のおかげでインフルエンザでも全勝できたと思います。

 

人は物事になじむと気がゆるむ習性があります。

その「ゆるみ」は危険です。

けれどその一方でリラックスする事も大事です。

緊張するのと同時に、落ち着いて受ける。

「初心」を持って受けるとは私にはそういう意味がこもっています。

 

入江塾での短い2年間で、私は2つのことを学びました。

1つは、みんなでがんばる事の大切さです。

そしてもう1つは「初心」を忘れない事の大切さです。

長くても、あっという間に去った2年間でした。

先生方、どうもお世話になりました。

ありがとうございます。

 

Bさんのお母さん

一番のハプニング、試験前日のインフルエンザ

あぁ、とうとうこれを書く日がやってきたのだなと長くて短かった二年間を振り返っています。

まず一番のハプニングは、なんといっても試験前日にまさかのインフルエンザ!夕方には熱は40.4度にもなり、こんな時は人間は不思議なものでもう笑うしかありませんでした。

本人は「明日のことは心配してへんけど、最後の塾で寄せ書きしてみんなと写真とりにいく~~」と泣いて訴えていました。

佐藤先生に電話で「明日が大事なのだから今日はとにかくゆっくり休みなさい、悔いのないように頑張れ」と言って頂きようやく納得しました。

 

二年間頑張ってきたのだから絶対に試験は受けるという彼女を、私もそれなら何としてでも試験会場に連れて行くと誓いました。

当日の朝も高熱はありましたが、別室受験で対応して頂きました。

待っている間、私はネガティブとポジティブに揺れる感情を整理していました。

本人はしんどいはずなのに一言もしんどいと弱音を吐かずに頑張っているのだから、親の私はどんと構えて信じようと。

 

志望校はなかなかのチャレンジ校だったが、英語型受験のある高槻中学に

いわゆる中学受験というものに違和感がありましたが、行きたい中学校がある。

その為にはやはり通塾が必須となった時に、お友達のお姉さんやお兄さん方が通われ志望校に合格され、楽しく通っておられた入江塾にしようと決めていました。

 

4年生の2月からお世話になり、5年生の間は宿題にも時間がかかり、先生方からはまだまだ幼い、マイペースすぎると言われ続け、八木先生からは「演習中に急に私の顔を見てニヤリと笑われます…」と言われ、理解不能な行動もありました。(笑)。

やっぱり受験には向いてないし早すぎたかなと何度と辞めにしよかと思ったこともありました。

 

6年生になる頃に志望校を見直し、得意の英語を生かし、それを評価して頂ける学校が向いているのではと思い、新たにいくつかのオープンキャンパスに連れて行きました。

面談で、最後はどこにするか本人に決めさせて下さいと言われ、好きな生物の勉強ができて英語型受験のある高槻中学に決めました。

彼女にとってはなかなかのチャレンジ校でした。

 

対策授業でみっちりと特訓して頂いた

苦手な算数と国語の個人指導に加え、高槻対策授業でみっちりと特訓して頂きました。

算数は本当に手こずり、ようやく秋風の吹く頃から成果がみえはじめ、やっとスタートラインにたてたかなという感じでした。

計算とできる問題を見極めて確実にするようにしました。

国語はできるほうでしたが、五ツ木駸々堂模試でたまに「えっ!?」という点数の時もありました。

読書が好きなところが救いでした。

 

そして、先生方やお友達にも恵まれ、科学の学校も続けながら、インフルエンザのなか、出願した4つの中学にすべて合格を頂き、本当によく頑張りました。

誇りに思います。

ありがとうございました。

 

ページトップへ

 

Cさん…同志社女子(WR 自己推薦)・京都女子(Ⅲ類)合格

Cさん

さみしくなる程楽しくあっという間の三年間

私には始め、受験というとかた苦しい雰囲気がありました。

しかし、伯母がどこからか見つけてきた入江塾に体験に行った時、楽しそうだなと思いました。

そして、四年生になる直前の春から入江塾に入塾しました。

 

得意だった国語のおかげで五ツ木・駸々堂の模試の成績は保てていましたが、やる気が出ず放っておいた算数や社会はあまりのびず、その後特に算数を重点的に頑張りました。

最後の模試で算数の偏差値が過去最高で、嬉しかったです。

 

その後12月に推薦にとおり、見事第1志望の同女の合格することができました。

これもいつも支えてくれていた先生方のおかげだとおもっています。

少しさみしくなる程楽しくあっという間の三年間でした。

ありがとうございました。

 

Cさんのお母さん

テンポのよいわかりやすい授業に気に入り入塾を決めた

この度は、娘が同志社女子中学に合格することができました。

ありがとうございました。

 

小学3年の冬期に他塾で受けたテストの結果が良くこの子は中学受験に向いていますよと言われ、中学受験を意識はしたものの、塾に行くために当時習っていた習い事をやめたくないと娘が言っていたこともあり諦めかけていました。

そんな時に私の姉が通塾回数の少ない入江塾を見つけてきたので早速見学に行ってみるとテンポのよいわかりやすい授業に私も娘も気に入り、助かることに送迎もあったためすぐに入塾することにしました。

 

それからは私が仕事で忙しいということもあり、娘の勉強を一緒に見てあげることもできませんでしたが、塾には自分で用意をし楽しそうに通っていました。

習い事も6年になる頃には自ら減らしたものの、剣道は6年の夏まで続けていました。

 

短時間でも無駄のない勉強をさせてもらった

中学受験で悩んだことといえば志望校選びです。

先生にも何度か相談させていただき、最終的には明るくて元気な子が多いと感じた同志社女子にしました。

そして、自己推薦が通過してからも、冬休み年末年始と塾には通い続けていました。

塾でがんばっていたからか、自宅では勉強している姿をほとんど見かけませんでしたが、模試の偏差値は一定の数値をキープしていたこともあり、短時間でも無駄のない勉強を塾でさせてもらっていると感じていました。

 

また、3年間塾ではクールに過ごしていた娘が、入江塾にもう通えないと思うとすごく寂しいと最終日に言ったことからも塾が大好きで学ぶことの楽しさを教えていただいたと思いました。

未熟な娘を成長させていただいた入江塾の先生方には本当に感謝しております。

3年間親子ともにお世話になりました。

ありがとうございました。

 

Dさん…京都女子(Ⅲ類)・京都聖母(Ⅲ類・スーパー特待)合格

Dさん

模試の結果が良くなりⅢ類を目指そうという気持ちが固まった

私が入江塾に通い始めたのは、小学4年生の2月からでした。

進学塾はしんどそうなイメージがありましたが、入ってみると、成績別のクラス分けもなく、みんなでがんばれる雰囲気があって、無理せず、楽しく勉強することができました。

 

5年生になって、志望校を京女に決め、初めはⅡ類を目標にしていました。

でも、模試の結果が良くなっていき、佐藤先生に「Ⅲ類も行けるかも」と言っていただき、6年生になってからは、「がんばってⅢ類を目指そう」という気持ちが固まっていきました。

でも、私はやることが遅く、怠けてしまうので、塾のテストでは時間が足りなかったり、宿題も提出期限が間に合わなかったりすることがよくありました。

そして、6年生の秋ごろから模試の偏差値も下がっていき、10月20日に受けた京女のプレテストでは判定A~Eの中でCになってしまい、「もう無理かも」と思ったことさえありました。

でも、佐藤先生や八木先生、しゃもじや熊の手(笑)のおかげで京女の難しい試験問題にも慣れることができました。

 

合格は先生方の指導と一緒に勉強に取り組んで乗り越えてきた生徒みんなの存在があったおかげ

そして、いよいよ試験当日(A日程午前)、なぜか緊張はあまりしていませんでしたが、佐藤先生が京女の正門のところまで応援に来てくださり、応援グッズをもらいました。

それと塾の女子全員に書いてもらった寄せ書きを見ると「やるぞ!」という気持ちになりました。

でも、試験では解けない問題が多く、「Ⅱ類も無理かも…」と思うほどまったく自信はありませんでした。

でも、結果はなんとⅢ類合格。

「やったー、やったー!」と何度も言って喜びました。

無事に合格できたのは、佐藤先生、八木先生初め、先生方の指導と一緒に勉強に取り組んで乗り越えてきた生徒のみんなの存在があったからだと思います。

本当にありがとうございました。

 

Dさんのお母さん

分かることが増えて「受験をする」という意思が固まっていった

学校のお友だちのお姉さんが通われていたことがきっかけで、小学4年生の1月に、娘から「入江塾に行ってみたい」と言い出し、通うようになりました。

その時点では中学受験を絶対すると決めていなかったのですが、自分から言い出したこの機会を生かしたいということと、正直「勉強してくれるならいいかな」という気持ちでした。

 

5年生のクラスに入ったわけですが、これまで塾に通ったことがなく、勉強の内容についていくのが大変でした。

親も認識が甘く、「こんなに難しいことをたくさん勉強しないといけないのか」という印象でした。

のんびりやの娘には、負担が大きいように思えて、「こんなにがんばらなくても受かるところを受ければいいのではないか」という気持ちさえあったぐらいでした。

その一方で、模試の成績は思っていたよりよかったので、ちょっと期待感もあったというどっちつかずの状態でした。

 

宿題に追われながら何とか続けて、分かることが増えて…としているうちに、少しずつ親子とも「受験をする」という意志が固まっていった感じでした。

特に算数の文章題は始めちんぷんかんぷんでしたが、授業と個人指導で解き方を教わって一つひとつ攻略していく感じがうれしかったようです。

反対に暗記系は苦手でかなり抵抗していましたが、6年の夏季講習で周りの生徒さんの影響もあって、がんばって覚えていました。

途中何度も「しんどさの方が勝って、辛くて何のために続けているの?と自分で思うならいつでも辞めていいよ」と言っていましたが、1回も辞めたいとは言わなかったですし、思ってもいなかったようでした。

 

第一志望を決めるにあたり大変悩んだが、娘の言葉が決め手となり京女Ⅲ類目指すことに

5年生の最後から6年生の夏ごろまで、第一志望を決めるにあたり、親としては大変悩みました。

親が考える本人の性格、学力、進路をふまえての候補は同女WR、娘が考える自分に合った学校は京女Ⅲ類。

ここは何度も話し合い、佐藤先生にも面談の度に相談し、私ひとりで再度同女京女の先生にも相談に行きました。

娘の意志を尊重したいけれど、「京女Ⅲ類に受かった場合に授業や宿題をこなせるのかどうか」が最大の心配事でした。

結局、娘の「難しいコースにチャレンジしたいし、自分は怠けてしまうから厳しい学校でがんばりたいし、大学までつながっているコースじゃなくて、普通に大学受験もしたい」という言葉が決め手となり、京女Ⅲ類を目指すことになりました。

 

親よりも厳しく、きめ細かく、超熱心に接していただいた

こう書くと素晴らしい意識の高さなのですが、意識と行動の乖離がはなはだしいのは小さい頃からで、ずっと振り回されてきましたので、これは心して管理しなければと思ったのですが、塾の宿題はおろか、学校の宿題もなかなかやらない・時間がかかるという状態は変わらず、私も仕事の忙しさにかまけてあまり面倒を見られずでした。

 

そこで、個人指導や京女対策も含めた演習時間を増やしてお世話になるという形になりました。

塾の雰囲気がとても家庭的、家族的で先生と生徒の距離が近く、親よりも厳しく、きめ細かく、そして超熱心に接していただいたと感謝しています。

親としては、漠然と「がんばってるね!」とか「早く宿題しないと!」「今回はいい点数が取れたね」としか言えなかったのですが、先生は模試やプレテストのどの問題をどんなふうに間違えたかを把握されていて、うっかりミスが多かったのですが、本人よりも親よりも一番くやしがってくださっていました。

また、親としては模試の成績というその時々の数字に一喜一憂しがちでしたが、佐藤先生、八木先生は娘が本来持っている理解力を判断したうえで「もっとやれる!」と指導してくださっていたと思います。

 

そんな熱意と確信をベースにした指導に引っ張られて、無事に手にできた京女Ⅲ類の合格でした。

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

ページトップへ

 

Eさん…京都女子(Ⅲ類)・京都聖母(Ⅲ類・全免)合格

Eさん

受験一ヶ月前には塾のみんなと別れるのがとてもさびしくなった

私は四年生から入江塾に入りました。

五年生までは出町教室に通っていました。

最初は、あまりやる気ではなく成績もとても悪かったです。

でも先生方がていねいに、分かりやすく教えていただいたおかげで苦手な算数が少し分かるようになりました。

 

そして、受験一ヶ月前には塾のみんなと別れるのがとてもさびしくなりました。

本番は、とても緊張しましたが応援グッズのメッセージを読むと落ちついて受けることができました。

結果は合格。

聞いたときは信じられませんでした。

こんな私が第一志望に合格できたのも先生方のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

 

Eさんのお母さん

ゆっくりペースの娘にあわせて、最初は算数と国語だけ受講した

入江塾には4年生からお世話になりました。

低学年から特に算数が苦手だった娘は、机に向かっていても全く頭が働いていない状態(〇〇タイム、と塾で命名していただきました、笑)になってしまい、そうなるとごく簡単な計算もできないことがしばしばありました。

これでは大手の塾ではとてもついていけないと思い、知人の紹介で入江塾にお世話になることになりました。

ゆっくりペースの娘が拒否反応を示さないように、最初は算数と国語だけ、それから理科と社会を受講し、演習はだいぶ経ってから受けることにしました。

 

5年生になっても、自分から勉強する姿勢もなく、模試の答案も国語以外はほとんど白紙で、この子には中学受験は無理かもしれないと何度も考えました。

それでも少しずつですが解ける問題が増えていったので、ここで親が諦めてはいけないと思い直して、宿題に付き合いました。

志望校は、読書好きの娘がオープンキャンパスで京女の充実した図書館に一目惚れして決めました。

でもその頃の成績では相当厳しい目標だと思っていました。

 

娘の言葉を聞き、そんな気持ちになってくれたことが嬉しくて涙が出そうに

6年生になり、算数の個人指導をお願いして、京女クラスが始まっても、演習ではまだまだぼーっとしてしまうことが多く、「必ず計算ミスをします」と先生からも心配されていました。

そんな娘がやっと受験生らしくなったのは、秋のオープン模試を受けた頃からです。

各校の結果が返ってくると、判定をもっとよくしたい、と思ったようで、自分で宿題のペースを考えられるようになり、演習にも嫌がらずに行くようになりました。

冬休みになって「勉強が楽しくなってきた!」「もっと演習をたくさん受けたい」「あと一ヶ月で塾の友達と離れるのがさみしい」「過去問を解くのが楽しい」という言葉を聞いたときには、娘がそんな気持ちになってくれたことが嬉しくて涙がでそうになりました。

 

子供の性格と能力をあわせて温かく丁寧に指導していただけた

受験当日も、佐藤先生の応援に励まされ、塾の友達と一緒で、とても心強かったです。

そして、まさかのⅢ類合格。

A日程ではⅡ類だけ合格だったので、B日程前日にも塾に行って過去問を解き「合格するチャンスはある!」と励ましていただきました。

おかげで集中力が途切れることなくB午前入試、午後入試に臨むことができ、最後の午後入試でⅢ類合格をいただきました。

 

知人から入江塾のよさは聞いてはいましたが、子供の性格と能力をあわせてこれほどまで温かく丁寧に指導していただけたことに心から感謝しております。

授業の進め方、演習や個人指導のシステムもとても理にかなった方法だと思っています。

こんな素敵な塾に出会えて、本当によかったです。

ありがとうございました。

 

Fさん…同志社女子(WR)合格

Fさん

レベルの高いお友達と切磋琢磨しながら勉強することができた

私は4年生の2月に入江塾に入塾しました。

入塾したきっかけは、4年生の秋に見に行った同志社女子中学に一目惚れしたからです。

当時は学校の授業に追いついていくのも精一杯だったので、同女に合格することは夢のまた夢でした。

 

そんな中で入江塾に入ったのですが、授業を理解することが難しく、このまま塾を続けられるか不安でした。

でも、算数以外の科目は、そのうち、少しずつ理解できるようになり、算数も個人指導のお陰で宿題を何とかこなせるようになりました。

 

6年になってからの五ツ木・駸々堂模試では算数以外の教科は、点数が伸びたものの、算数は点数が伸びず、このままでは合格は難しいと思うようになりました。

そこで算数については、毎朝、入江塾の授業で使っている四谷大塚の予習シリーズをお母さんと一緒に復習することにしました。

その他にも、夏休み前から、京女対策に入れてもらったことで、自分よりレベルの高いお友達と切磋琢磨しながら勉強することができ、良い経験ができました。

 

塾のアットホームな雰囲気で、燃え尽きず最後まで全力を尽くして頑張れた

10月に京女のプレテストがあった後、京女対策を抜けて本格的に同女の過去問を解き始めました。

やはり、私は同女の過去問でも算数の点数が悪かったので、一回すべて解いた後に、点数の悪かったところから、もう一度解き直しをしました。

 

本番前日は、塾の友達とホワイトボードに寄せ書きをしたときに、「この塾に入ってよかったなぁ、この塾終わりたくないなぁ」としみじみ感じました。

本番は、同女の入り口で八木先生がキットカットや入江塾特製の消しゴムを下さって、いよいよ本番だなと気持ちを高めることができました。

本番は、先生や友達からのメッセージを持って行ったので、とても心強く感じられて、これだけやってきたから大丈夫と落ち着くことができました。

 

合格発表の時は、試験のときより緊張しました。

もし落ちたら、それはこの学校に合わないということなのかなと思おうと決めていました。

結局、無事に合格することができました。

それにはやはり、この塾のアットホームな雰囲気、ユニークな先生方、仲良くしてくれた友達がいたからこそ、燃え尽きず最後まで全力を尽くして頑張れたと思います。

今までどうもありがとうございました。

 

Fさんのお母さん

塾を決定するにあたっては、睡眠時間が確保できること、燃え尽きて勉強が嫌いにならないという点を重視した

入江塾には4年生の終わりから2年間、大変お世話になりました。

アットホームな雰囲気の中、娘を合格まで導いてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

当初、我が家は中学受験をする考えはありませんでした。

正直なところ、娘は小学校の成績、特に算数は授業を理解するのもやっとという感じでしたので、受験をすることは考えられませんでした。

ですが、同女が楽しそうだという話を耳にして、4年生の秋に学校見学会に参加することにしました。

そしてその後、娘が絶対に同女に行くと言い出したため、塾探しを開始することにしました。

塾を決定するにあたっては、1)睡眠時間が確保できる、2)燃え尽きて勉強が嫌いにならないという点を重視しました。

 

お友達から、入江塾のことを教えていただき、HPを拝見して、希望に沿う塾だと考え、授業を親子で体験させていただきました。

授業のレベルは高く、特に算数に関しては娘は全く理解できていないと感じました。

そこで、入塾と同時に算数に関しては、個人指導を週1回お願いすることにしました。

元々、読書は好きでしたので、算数以外の科目については、すぐに授業に興味を持てるようになりました。

塾では週一回の授業でかなり知識を詰め込みますので、時には宿題にいっぱいいっぱいになってしまうこともありました。

そうした時は、娘は佐藤先生に宿題を見せて、問題量を減らしてもらったりしていました。

こうした生徒に合わせた柔軟なご対応のお陰で、娘は達成感を得ながら勉強を続けてこれたと思います。

 

三位一体の指導のお話を聞き、家庭でも何かしようと考えた

今からちょうど1年前、入江塾で保護者会があり、入江先生から三位一体の指導のお話を聞いて、家庭でも何かしようと考えました。

特に算数は苦手なため、塾でなんとか解き方を理解してきても、自力で解けない問題が多くありました。

そこで、予習シリーズのテキスト4年上下、5年上下について、必修問題、類題、基本問題を確認していきました。

練習問題については手をつけませんでした。

この勉強は、毎朝、通学する前の15分間でやり、テキストをひと通り終えたのは6月頃でした。

その後は、一行問題を10問毎朝解くことを継続しました。

 

6年生の7月から京女対策のクラスに入れていただいたことで、お友達が増えて、塾に行くことがさらに楽しくなってきたようでした。

家でも塾のお友達の名前がよく出るようになり、和気あいあいと勉強していることが伝わってきました。

 

今後の成長に繋がる塾にお世話になることができた

直前期になっても家庭では、朝の勉強は続けていましたが、塾から帰った後は、本か漫画を読んでリラックスしていました。

ただし、先生に“漢子”とあだ名を付けられるほど、漢字の間違えが多かったので、科目を問わず、漢字間違えしているプリントだけは抜き出して、正しい漢字を確認しました。

受験前日は、塾がいかに充実してて楽しかったかを興奮しながら話す娘を早く寝かしつけるのに苦労しました。

受験当日も、八木先生が応援に来てくださり、娘は安心して受験会場に向かうことができました。

 

この2年間は目標に向かって頑張ることを学んだ充実した時間だったと思います。

入江塾は学習面だけでなく、人間的にも娘を成長させてくれました。

今後の成長に繋がる塾にお世話になることができ、本当に幸運でした。

どうもありがとうございました。

 

 

ページトップへ

 

Gさん…京都女子(Ⅱ類)・京都聖母(Ⅲ類・全免)合格

Gさん

入江塾に通っていた姉に背中を押してもらい入塾した

私は、五年生の第二回の授業から、入江塾に通うようになりました。

私が塾に行くようになったのは姉の影響です。

姉は、三年生の終わりごろに入江塾に通い始め、塾に行くのを毎回楽しみにし、朝に計算プリントをしたりと私よりも家での学習量が圧倒的に多かったです。

その頃私は(現在もあまり変わっていませんが)「毎朝起こされては二度寝」を繰り返し休日になると家でゴロゴロする生活を送っていました。

そんな生活を送っている間にどんどん時間だけが過ぎていきました。

 

しかし、そんなダラダラな私を変えた出来事がありました。

四年生が終わりかける頃、学校の友達が通っていた児童館を辞めると言ったのです。

私は塾に行くことを断固拒否し児童館に行き続けるつもりでした。

でもみんなが辞めてしまうと、私一人で残されてしまい私には塾に通う選択肢しか残っていませんでした。

そこから背中を押して私を塾に行かせたのが姉です。

 

もっと早く入塾するべきだったと今では少し後悔。無理矢理でも入れてくれた姉と母には感謝。

実は四年生の頃、当時姉の通っていた入江塾に体験授業をしに来ていた私ですが授業の難しさからして当時の私は一瞬で無理だということを感じました。

しかし入江塾の指導理念を相当気に入っていた姉と母から逃れることはできず、しぶしぶ入塾しました。

新五年生の私の「塾」のイメージは授業に追いついていけない人は置いて行かれるという怖い感じでした。

 

しかし、塾に入った瞬間想像していた重々しく厳かな雰囲気というのはあっという間に私の頭の中から消し去られていました。

授業も分からないところがあれば天使のように(?)優しい佐藤先生や八木先生が丁寧に教えてくださいましたし、私の極度な人見知りも緊張も休憩時間のおやつや友達との会話によっていつの間にかかき消されていました。

こんなに楽しい塾ならもっと早く入塾するべきだったと今では少し後悔しているくらいですが、入塾することをあんなに嫌がっていた私を無理矢理でも入れてくれた姉と母に今では感謝でいっぱいです。

 

対策授業と個人指導が重なった地獄の水曜日は成長に欠かせない日だった

入塾してからしばらくたち水曜日に五ツ木・駸々堂対策という模擬テストの対策授業に私は行くことになりました。

最初は天使の佐藤先生が教えてくれるので少しワクワクしていましたが五ツ木・駸々堂対策で私は20点台~30点台しかとることができず、かなりへこみました(笑)。

しかも偶然にも優しいはずの八木先生担当の私の苦手な理科の個人指導の日と重なってしまい、前半の五ツ木・駸々堂対策、後半の理科の個人指導と水曜日は地獄の日となりました。

しかし地獄の日のおかげで最終的に五ツ木・駸々堂の算数の成績は上がり理科の問題にもようやく慣れ始めました。

毎週地獄の日になることが恐ろしくてたまらなかったけれど地獄の日に育てられたと思うと欠かせない水曜日だったんだなと思えてきます。

 

やがて六年生になりその地獄の日からは解放されました。

その代わりに京女対策が始まりました。

私が京女を志望校にしたのは文化祭で見た京女の元気な姿に惹かれ京女生になりたいと思ったからです。

第一志望合格に向けていよいよ追い込みが始まりました。

ここからは毎日塾が続きました。

 

つらいと思っていた勉強を楽しいと感じるようになり先生方の熱心な指導があったおかげで本番当日、緊張しながらも、メッセージカードや先生の似顔絵付き消しゴムをもらい自信がつき「自分ならいける」と思えました。

今、五年生の頃の私が五ツ木・駸々堂テストの算数で30点しかとれず六年生で始まった京女対策の理科で40点しかとれなくて毎月来るおたよりの先生のコメント欄に「このままでは、だいぶヤバいです」と書かれ、点数が落ち込むたびにどんどん怖さがエスカレートしていったことを思い返すと恥ずかしいですが、様々なしゃもじたちや優しい先生たちに囲まれて成長できたことが自分でもとても誇らしく思えます。

 

今まで支えてくれたたくさんの友達、先生方のおかげで第一志望校に合格することができてとても良い思い出になりました。

中学受験を終えましたが、ここからが始まりだと思うので京女対策で発覚した普段のぼーっとしている時間「〇〇タイム」は、入試当日のように放棄して突っ走っていきたいと思います(笑)。

本当にありがとうございました。

 

Gさんのお母さん

娘の悪い癖を素早く見つけ、頭ごなしに叱るのではなく心に届く言葉で注意して下さった

この度、受験校すべてから合格をいただくことができました。

入江塾の諸先生方には大変お世話になりました。

 

2歳年上の長女を入江塾に通わせてとても良かったので次女も4年生になる頃に塾の体験授業を受けさせましたが、3日ほどで「塾いきたくない」と言い出しました。

特別勉強が好きでもないうえに、知らない子ばかりで孤独感も感じていたかもしれません。

塾には一旦保留としてもらい、仕切り直して5年生で入塾しました。

 

塾の5年生の学習内容はとても濃く、ついていくことすら大変なのは知っていましたので、1年遅れてスタートした娘には最初から演習を多めに入れて宿題でわからないところを先生に教えてもらえるようにしました。

しかし、人見知りで頑固な娘は、わからない問題があっても先生になかなか聞こうとせず、無理と判断した問題はすぐに飛ばしたり、思考停止になってぼーっとしたりしていました。

先生はそういう悪い癖を素早く見つけ、頭ごなしに叱るのではなく娘の心に届く言葉で注意してくださいました。

 

先生は、娘がぼーっとしている時間を「●●(娘の名前)タイム」と命名し、「こら!また●●タイムに入ってるで!」と注意しておられました。

とてもユニークな叱り方ですが、娘は笑って問題を解き始めます。

家で私が注意するとふてくされてしまい、こんな風にはいきません。

入江塾の先生、さすがです。

そんな先生方のきめ細やかでピシッと伝わる指導には、いつも親子ともに信頼をよせていました。

 

最後になればなるほど塾が楽しいと言い、3日で挫折したときからは想像できないくらい塾好きに変身

先生のご指導のおかげで、五ツ木・駸々堂の成績は京女Ⅱ類においては常にA~B判定をいただくことができました。

しかし苦手としていた算数と理科は個人指導を受けていても平均以下というときもあり、万全とはいえない状況でした。

6年生の夏の面談では、先生から「いまの判定に満足しているとずるずる下がっていく恐れがあるので、(京女)Ⅲ類を目指すような気持ちでやってほしいです。できる力は持っているはずなので、算数や理科にもガッツを出してやってもらいます。」と言われてしまい、親子で取り組みの甘さを反省しました。

その後も先生には、娘が弛んでいるときはもちろん京女オープン前など絶妙のタイミングで厳しくも愛のある喝をもらい、入試当日までいい緊張感を保つことができました。

 

入試が近づくにつれて拘束時間も長くなりましたが、女の子同士でお弁当を食べたり休憩時間に趣味や志望校の話をしたりすることで、気分転換ができたようです。

勉強も孤独感なく集中して取り組めるようになりました。

最後になればなるほど塾が楽しいと言うようになり、3日で挫折したときの娘からは想像できないくらい塾好きに変身しました。

最後までどうなるか不安のあった娘の受験でしたが、塾の先生と仲間たちに支えられ、最後までやりきることができました。

本当にありがとうございました。

 

Hさん…京都女子(Ⅱ類)・龍谷大付属平安(全免)・ノートルダム女学院(グローバル英語コース・半特)合格

Hさん

みんなに少しおくれていて不安だったが、六年で復習が中心となり分かるようになった

私が初めて入江塾に行ったのは小学四年生の三月でした。

初めは土曜日の北野教室での授業と木曜日の演習だけでした。

授業ではみんなに少しおくれていて、ついていけるか不安でした。

でも、先生たちが教えてくれて、何とかついていけるようになりました。

また、六年では復習が中心となり、さらに分かるようになりました。

 

六年生になり、京女対策クラスも始まり、少しずつ友達が増えていきました。

でも、その一方で、テストの点数が上がったり、下がったりしていて、不安になっていきました。

そんなとき、佐藤先生や八木先生と一緒にやっていくと、だんだん自信がついていきました。

そして、前日に佐藤先生に気合をいれてもらいました。

 

試験当日、校門に佐藤先生や京女対策の友達もいて、先生から応えんグッズをもらいました。

京女対策の友達から「がんばろう!」と言われ、気が引きしまり、テストに挑むことができました。

結果発表前はどきどきしていましたが、発表時に自分の番号があり、うれしい気持ちでいっぱいでした。

約二年間でしたが、ありがとうございました。

私は、この入江塾が大好きです。

 

Hさんのお母さん

教室の皆で目標にむかって勉強したことはとても良い経験になった

小学4年生の終わりの3月からお世話になりました。

地方から京都へ引っ越すことになり、塾探しをした結果、入江塾に通わせたいと心に決めていました。

スタート当初は、模擬試験の成績は、国語だけ60台で他は50前後、特に算数は苦戦していました。

焦らず着実に頑張ろうと本人と話していました。

偏差値も少しずつ上がり、安心しているとすぐに下がってしまったりの繰り返しでした。

 

6年生になると、得意だったはずの国語の成績が下がり始め、少々焦りましたが、基本固めをしていくうちに少しずつ良くなっていきました。

算数も、受験の3ヶ月程前から八木先生に個人指導をお願いし、本人も算数の楽しさがわかるようになっていったようです。

そして、冬期講習は大晦日も元旦も塾に行きました。

教室の皆で目標にむかって勉強したことはとても良い経験になったと思います。

佐藤先生、八木先生からの叱咤激励があったからこそ受験を乗り切ることが出来ました。

本当にありがとうございました。

わんパグ

 

 

ページトップへ

Iさん…同志社女子(LA)・平安女学院(RS+)・京都聖母(Ⅲ類・全免)合格

Iさん

中学・高校でも今続けている習い事を頑張りたくて中学受験を決めた

私は4年生から入江塾に入りました。

最初のころは、難しくてあまり意味が分からないときもありましたが、だんだん学校のテストの点数が良くなっていき、うれしかったです。

6年生になった時、中学・高校でも今続けている習い事を一生けん命がんばりたかったので、中学受験をすることに決めました。

 

私の一番苦手な教科は算数でした。

始めは全然できなくてやる気もあまりなかったので、なかなかできるようになれませんでした。

五ツ木・駸々堂模試でも理科や社会は少しずつ伸びても、算数だけは点数が悪かったです。

第一志望の学校の過去問を解きはじめたら、やはり算数の点数は悪くて始めは落ちこみました。

が、だんだん点数も上がってきて合格最低点に届くこともあるようになりました。

入試前日はみんなで寄せ書きをしたりして、絶対がんばろうという気持ちになりました。

 

入試当日は八木先生が応えんに来てくれてうれしかったです。

少し緊張していましたが、全力を発揮できました。

苦手だった算数もしっかり解くことができました。

合格できた時はとてもとてもうれしかったです。

塾の先生方に本当に感謝したいです。

ありがとうございました。

 

Iさんのお母さん

おっとりマイペースな娘は大手の塾ではお客さんになってしまうと感じていた

新4年生から3年間、大変お世話になりました。

娘は習い事に力を入れており中学受験をするかどうかも未定でしたが、兄の方が受験勉強の最中でしたので妹の方も選択肢を広げておく為に塾を探しはじめました。

娘は早生まれということもあり周囲より幼く感じられ、小学校でもおっとりマイペース、分からない事があればそこでじっと止まってしまうタイプ…大手の塾ではお客さんになってしまうと感じられました。

 

そこで、4・5年生の間は自宅から近い桂教室で、ごく少人数で授業をして頂ける入江塾さんはとても魅力的でした。

4・5年の間は習い事が忙しく宿題等があまりできていなくても親も真剣に見てやることも出来ておりませんでした。

ただ、小学校のテストは安定して良い点数を取れるようになりました。

 

入江塾では手書きの解説プリントが大変詳しく絵や図も使って丁寧に書かれていて、愛情をとても感じた

6年生になると少し遠い北野教室になりますが、季節講習で仲良くなったお友達のみんなと一緒に受験勉強を頑張りたい、という本人の意志で北野教室に通うことになりました。

そして夏休み、まず一番苦手だった算数を、夏期講習の問題で解けなかったもの・間違えたものを中心に復習していきました。

入江塾さんでは先生の手書きの解説プリントが大変詳しく絵や図も使って丁寧に書かれていて、先生の子ども達への愛情をとても感じました。

おかげで中学受験の経験の無い私でも、横について一緒に取り組みアドバイス等することができました。

そこで一番嫌い・分からないと言っていた図形に対し「ちょっと面白いと思ってきた!」と話すようになり大きな進歩でした(といっても、模試の成績にはすぐには結びつきませんでしたが)。

 

理科も夏休みに苦手分野をじっくり見つけあやふやな点を理解していけるよう復習に努めました。

理科は元々好きだった事もあり、少しずつ点も取れるようになってきて自信がついたようです。

社会は父親が、夏期のテキストがまとまっていて使い易い、と時々子どもと復習していました。

国語は……自宅では全くすることができず(主に算数で手一杯でした)、宿題さえもしていかない有様で(申し訳ございません!)完全に塾の授業のみにおまかせの状態でした。

それでも読解力等じわじわ伸ばして頂きました。

 

最後の最後まで伸ばして頂いた

入試にあたって最も気がかりだったのは、元々娘は文章を読むことが非常に遅く、過去問で毎回時間が足りずに最後まで読みきれない・解ききれない問題があったことです(特に算・国)。

それが試験当日は算数と国語が最後まで解けて、見直しまで出来たと言うので本当に驚きでした。

最後の最後まで、伸ばして頂いたという感じです。

真に根気強く教え見守って下さり、時に喝を入れ、励まし、ここまで娘を成長させて下さったこと、先生方お一人おひとりに心から感謝の気持ちで一杯です。

本当に本当に有難うございました。

 

Jさん…京都聖母(Ⅲ類)合格

Jさん

志望校をしぼってから勉強に集中でき、理解できる楽しみができてきた

入江塾の先生の皆さん,二年間のご指導,本当にありがとうございました。

このたび,第一志望の京都聖母学院中学校Ⅲ類に無事合格することができました。

 

振り返ると二年前の塾に入った時は友達もいなくて,行くのが嫌になったこともありましたが,先生が授業で面白い事を話してくれて,それをきっかっけに友達がたくさんできて,いつのまにか塾に行くのが楽しみになっていました。

楽しみながら勉強できたことはとても良くて,特にお正月の北野天満宮のお参り,最後のホワイトボードの寄せ書きが印象に残っています。

五ツ木・駸々堂のテストはいつも難しくて入学試験に受かる自信が持てませんでしたが,志望校をしぼってからは,過去問を繰り返しすることで勉強に集中でき,理解できる楽しみができてきたように思います。

 

中学に行っても,入江塾の精神で中学生活を楽しみます。

本当にありがとうございました。

 

Jさんのお父さん

中学受験には消極的だったが、妻の「娘の受検のチャンスを与えてみよう」という言葉で入江塾にお世話になった

30年以上前の話しになりますが、私が小学生の時に通っていた塾は成績順に着席し、前の方に座っている同級生は灘や甲陽を目指すような厳しい塾で、点数が悪いと竹刀や教科書の角で叩かれ、通塾は大変辛いものでした。

結局、本命の中学受験に失敗した私は度胸試しが目的で受けた遠方の中学校のみに合格しました。

地元の公立中学に行くかどういか迷いましたが、「あいつは私立中学に行く」という周りの同級生の目もあって中1から親元を離れて6年間の厳しい寮生活を送ることになりました。

 

こんな経験があったので、自分の子供を小学校から塾に通わせ中学受験させることに消極的でした。

しかし、妻の「娘に受験のチャンスを与えてみよう」という言葉もあり、入江塾にお世話になることになりました。

成績があまり伸びず弱音を吐いたり、宿題が辛いと愚痴をこぼすことは多々ありましたが、基本的には楽しそうに塾に通い続け、2年間何とかやってこれました。

 

学校の入試に合った勉強に焦点をあてたことで、娘の目的意識も変わり勉強姿勢が変わった

もう少し偏差値の高い学校を目指したこともありましたが、6年の夏が終わってからは確実に合格できそうな1校に絞り、その学校の入試に合った勉強に焦点をあてたことで、娘の目的意識も変わり、勉強姿勢が変わったように思います。

娘を入江塾に行かせて良かったと心から思っておりますし、娘の勉強の頑張りを親として誇りに思っております。

 

志望の中学に行けなかった私は寮生活でも色々苦労がありましたが、6年後の大学受験は成功しました。

ですので、私は入試でどんな結果になっても、精一杯頑張った結果であればその経験を活かしてその先の環境で頑張ればよいと娘に言い、妻とともに励まし続けました。

今回自分にとって良かったこととして、娘の受験を通じて、子供を思う親の気持ちが分かり、自分の親に対して改めて感謝する気持ちになれました。

娘に中学受験をさせて良かったと思っております。

 

末筆ながら厳しさと楽しさの絶妙なバランスで娘を指導して下さった入江塾の先生方、同じ教室で学び娘にたくさんの刺激を与えてくれた生徒の皆さんに感謝申し上げます。

今の時代、竹刀は問題がありそうですが、しゃもじは問題ないと思います。

今後も受験を通じて真の教育を実施する塾であり続けて下さい。

 

 

ページトップへ

 

Kくん…京都学園(GN一貫・B特待)合格

Kくん

入試では問題を解いていく内に緊張もなくなり、おかげで面接もうまくできた

僕は、4年生から入江塾に通いました。

入江塾に通い始めた時は、誰も友達がいなくて戸惑っていたけれど、時間が経って仲良くなっていくにつれて、塾に行くのが楽しくなっていきました。

 

初めは大谷中学校に行こうと思っていたけれども、6年生になった頃に京都学園には地球学やボルダリング部などいろんな楽しい事があるのを知って、志望校を京都学園中学校に変更しました。

試験当日の朝京都学園中学校の前に先生が来られていて、声援をもらって試験に臨みました。

試験が始まるまで、横を見ると知らない人だったけれど、横の人よりも得点が高いように頑張りたいと思いました。

試験が始まってすぐは緊張していたけれど、問題を解いていく内に不安と心配がなくなるにつれ緊張もなくなり、おかげで面接もうまくできました。

 

面接では、「なぜ京都学園中学校を志望したのですか?」「誰に勧められて志望しましたか?」「小学校6年間で一番楽しかった事は何ですか?」「小学校で一番頑張った事は何ですか?」「科目で一番頑張ったのは何ですか?」などを質問されました。

 

Kくんのお母さん

サッカーをやめることなく通える入江塾に決めた

息子は4年生から塾に通い始めました。

本人には色々な勉強をして欲しい事と、進学する中学校の選択肢を増やすためにと納得させつつ、小学校生活を塾だけの思い出にはさせたくなかったので、大好きなサッカーをやめることなく通える入江塾にお世話になることにしました。

 

息子は人見知りが激しく、特に先生方にはなかなか心を開かず、心配しながらの通塾でした。

なかなかヤル気が見えず、オープンキャンパスにいってこの学校がいいかなと言いつつも、全く勉強につながりませんでした。

6年生になって、サッカー・陸上部と忙しい中、演習、算数・国語の個人指導を追加してもマイペースさは全く変わらず、最後の最後まで受験に対して意欲があるのかわかりませんでした。

さらには、勉強しながらも寝てしまう相変わらずさで根気強くつきあってお声がけいただいた佐藤先生、八木先生をはじめ入江塾の先生方、大変お世話になりました。

 

予想外の特待生での合格

テスト以上に面接に自信がないと嘆いてた息子が、入学試験終了後、「面接もハキハキ話せたし、たぶん合格したよ~」と戻ってきました。

当日の朝、先生方が会場まで応援に来ていただき、メッセージ付きの合格祈願のプレゼントまでいただいたおかげで、緊張せずに受験できたのだと思います。

志望校に合格できただけでなく、特待生での合格は予想しておらず、今でも信じられない思いです。

これから学校に入ってからが大変だと思いますが、少しは今回の合格が自信につながって頑張ってくれると思います。

3年間、本当にお世話になり、ありがとうございました。

 

Lくん…京都産業大学附属・花園(SGZ)・大谷(マスター)合格

Lくん

個人授業では一人ひとりに合わせた勉強を教えてくれた

最初に、ここまで勉強に付き合い教えてもらった先生方、本当にありがとうございます。

志望した学校に無事に合格できました。

 

僕は5年生の春頃から桂教室に通い始めました。

最初はあまり友達もいませんでしたが、6年生になり北野教室で勉強するようになったら徐々に友達も増えて楽しくなりました。

だけど、国語と算数の個人授業も増え5年生に比べたらより一層忙しくなりました。

個人授業では全体で受ける授業とは違ってその一人一人に合わせた勉強を教えてくれました。

佐藤先生や稲次先生などの先生方に教えてもらったから合格できたんだなと思っています。

 

塾で何度もした過去問テストの時のように自分を信じて試験に臨んでよかった

楽しい思い出は、元旦に皆で北野天満宮に合格祈願をしに行ったことです。

また、最後の授業の時にはホワイトボードに皆で寄せ書きをして写真も撮りました。

塾の友達は皆仲がよかったので最後かと思うと少し寂しかったです。

僕もだけど、皆合格できるといいなと思った最後でした。

 

受験当日は人が多くて心臓がバクバクして「あ、もう終わった怖いよ~」と呟きながら顔を青くして教室に入りました。

でも、今まで頑張ったことを思い出しながら試験を受けました。

合格発表の時、合格しているのを見てすごく嬉しいのと同時に、塾で何度もした過去問テストの時のように自分を信じていつも通りの考えで試験に臨んでよかったなと思いました。

本当に志望校に合格できてよかったです!

僕を合格へ導いてくれた先生方、本当に感謝しています。

これから中学校に行ったら小学校の時よりもっと勉強も大変になるだろうけど楽しみながら頑張りたいと思います。

 

Lくんのお母さん

息子自身にしっかり向き合って、嘘もオブラートに包むこともなく現状を言ってもらえたので地に足をつけられた

息子が入江塾に通い始めたのは5年生になった頃でした。

その前は大手S塾に通っていましたがなかなか成績も伸びず、また宿題が大嫌いな息子はどんどん宿題が溜まっていき追い詰められていきました。

S塾の先生も熱心な方がおられ声をかけてもらっていましたが、息子にはそれも重荷になってしまったようで、ある日とうとう玄関から一歩も進めなくなり泣きながら「もう塾には行きたくないんだよ」と、話してきました。

私はこのままでは潰れてしまうと思い、そのまま息子の手を掴んでS塾に行きその日の内に退塾してきました。

しかし、息子がどうしても地元中学には行きたくないと言う思いもあり、一から調べ直しなんとか息子にあった塾はないかと探していた所、入江塾に辿り着きました。

お話しを聞いて頂いて、息子と塾に足を運んでから佐藤先生に一緒に頑張ろうと言われもう一度塾に通うことにしました。

 

それからは、無理な通塾はやめて息子のペースで進めることができました。

ただ、塾にも慣れ呑気に構えて苦手な宿題も度々提出しなかったりと、また駸々堂テストも結果は散々なままなのに、そのくせ高い目標を口にする息子。

5年生の冬にとうとう、優しかった佐藤先生にも現実を見なさいとハッキリ言われる始末。

その時、息子に今どう言う状況か親ではなく息子自身にしっかり向き合って、また嘘もオブラートに包むこともなく、「このままではどこも受からない!」と、言ってもらえたので息子自身も地に足をつけられたと思います。

前の塾ではいつも、大丈夫、大丈夫と言われ私自身も逆に不安に思っていましたが、現実を知ると良くも悪くも進む道が見え不安がなくなりました。

 

自分に自信がない息子も頑張ればできる!という自信が付いた

それからは本人の意思もさらに固まり、6年生からの勉強方法も佐藤先生と相談して進めていきました。

宿題が家ではなかなか出来ない分演習を増やし、個人授業では集中力が続かない息子にあった時間配分をしてもらったり、家や学校の様子までも気にかけてもらったりと親の私まで助けてもらいました。

途中、勉強が嫌になってグチを言っても何故か塾だけは絶対に行くと言っては通ってました。

多分、塾の友達にも恵まれて塾に通うのが楽しかったんだと思います。

すると、少しずつ成績も上がり始め駸々堂テストでも確実に結果が出てきて息子自身も受験に向けてさらに頑張るようになりました。

この時はすでに夏休みを過ぎた頃でしたが、受験校も息子と色々見て自分に合った学校選びをすることもできました。

 

受験日には稲次先生が駆けつけてくれました。

どこの学校にも大手塾の大きな応援と人数にも圧倒され少し緊張しながら試験に向かった息子。

結果は全て合格できました!

第一志望の他、少し無理かなって思う学校も受かっていて日頃から自分に自信がない息子も頑張れば出来る!と言う自信が付いたと思います。

進学する学校も自分で決めしっかりと父親にも話していました。

中学受験、決めてから色々ありましたが息子にはこの経験が過程が良かった思います。

とくに心の成長が見えたように感じます。

入江塾に通えて本当に良かったです!

先生方、最後まで見捨てずご指導して頂き本当に有り難うございました。

 

 

ページトップへ

 

Mくん…奈良学園(特進)・東山(エース)合格 のお母さん

Mくん

長男には長男の、次男には次男への最適な対応をしてくださった

今この体験記を書いているのは、次男が第一志望校を受験しているさなか、喫茶店での待機中である。

思い起こせば、我が家が育星舎・入江塾を知ったのは、8年前、カーラジオから流れてきた入江先生の「科学の学校」の紹介コメントによるものだった。

当時小学2年だった長男が「科学の学校」に、2年後には入江塾へ入塾した。3歳違いの次男も兄と同じ道を辿った。

 

6年生になると、我が家から北野教室までは片道1時間半の通塾だったが、二人ともそれほど苦でもなさそうに、最後まで楽しそうに通わせてもらった。

物静かで生真面目な長男には長男の、フレンドリーでお調子者の次男には次男への最適な対応をしてくださった入江塾の先生方。

特に、佐藤先生の、子どもの将来を見据えた厳しく温かいご指導には何度も救っていただいた。

 

入江塾で培った精神を持ち続けてくれるなら、これからの長い学生生活が充実したものになると確信している

中学受験は、まだまだ人間的に未熟な小学生にとって高いハードルだと思う。

親にとっても、わが子への理想(幻想?)と現実の乖離を直視しなければならないという試練が待ち受けている。

迷ったり、落ち込んだり、投げだしたりするたび、佐藤先生に助言を求めた。

決して甘い言葉ではないが、話しているうちに、あるいはしばらく経ってから、「そうだった。そもそも受験させようとしたのは、そのためだった。」と気づかせていただいた。

現在中学3年の長男は、進学した第二志望の学校で地道に努力し、ぐんぐん成績を伸ばしている。

「中学受験がゴールではない。」

およそ、進学塾とは思えないこのメッセージを受けて学んだ結果だと思う。

彼は今も、入江塾の仲間と撮った記念写真を下敷きに入れ、先生方からの入試応援メッセージカードを机に飾っている。

今まさに受験中の次男がどの中学に通うことになっても、入江塾で培った精神を持ち続けてくれるなら、これからの長い学生生活が充実したものになると確信している。

 

最後になりましたが、入江先生・佐藤先生をはじめ、苦手な算数を「好きだ」と言わせるまでにしてくださった秋定先生、お弁当を忘れた次男と一緒にコンビニまで走ってくださった八木先生、直前の特訓をしてくださった木村先生ほか、この6年間で我が家の息子達とかかわってくださったすべての先生方に、心よりお礼を申し上げます。

大変お世話になりました。入江塾に出合えてよかったです。

これからの貴塾の繁栄をお祈り申し上げ、入江塾体験メッセージとさせていただきます。

 

追記

次男の受験結果は、第一志望には届かず、第二志望の奈良学園中学校(実は、長男と同じ。とてもとても良い学校です!)に合格をいただいた。

この文を読んでおられる保護者の方々のなかには、かつての私と同様に、諸先輩方の体験を志望校や勉強法の参考にされる方もおられるだろう。

我が家の体験から言えるのは、その子どもなりの一生懸命で努力した結果ならば、たとえ第一志望ではなくても、通うことになる学校で存分に勉学に励み、学生生活を満喫するということ。

どうか、入江塾の先生方を信じて、わが子を託してみてください。

すべての入江塾生の未来が輝くものとなりますように。

 

Nくん…東山(エース)・京都産業大学附属 合格

Nくん

11月のプレテストの結果に油断

僕はロボット研究会があるので、東山中学校を志望校に決めました。

11月のプレテストの結果、エースがB判定だったので、受かるだろうと油断していました。

それからは、油断してあまり勉強していませんでした。

 

油断したまま迎えた前期の受験本番、残念ながらエースも落ちていました。

後期を受ける時は、自分の持っている力を最大限に出したつもりなので、達成感がありました。

でも、前期の時のように落ちていたらどうしようという不安もありました。

頑張った結果、エースは受かっていました。

嬉しかったです。

僕を最後まで温かい目で見守ってくれた先生方、家族のみなさん、ありがとうございました。

 

 

Nくんのお母さん

前期不合格の結果を受け止め、後期試験に全力で立ち向かう覚悟ができた

試験後の息子の冴えない表情を見てよぎった不安が的中。

前期AもBも不合格という残念な結果でした。

冬休みに入ってからほぼ毎日塾に行っていたものの、なかなか勉強に身が入らないままでの受験だった為、当然の結果だと思います。

息子も「このままではあかんから、神様から試練を与えられたんかなぁ?」と言い、結果を受け止め、最後に残された後期試験に全力で立ち向かう覚悟ができた様でした。

先生も「最後まで頑張らせます!」と言い、最後まで全力で指導して下さり、そのおかげで無事、後期でエースに合格できました。

東山全落ちの恐怖と戦いながら、よく頑張ったと思います。

息子は精神的に幼く、受験したい気持ちがあるにも関わらず行動が伴わない所があり、中学受験は無理なのではないかと思い高校受験に切り替える事を考えた事もありましたが、最後に少し成長した姿を見る事ができて嬉しく思いました。

中学受験はゴールではないので、この経験を今後に生かし、頑張ってほしいと思います。

 

最後になりましたが、息子が諦めずに頑張れたのも、時に優しく時に厳しくご指導下さった先生方と、共に戦った仲間のおかげだと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

ページトップへ

 

Oくん…大谷(マスター)合格

Oくん

6年生10月からの入塾、入江塾なければ受験をあきらめていた

僕は6年生の10月に入江塾に入りました。

僕の偏差値はずっと30くらいでした。

そんな僕を救ってくれたのは入江塾です。

多分、入江塾に行っていなかったら僕は受験をあきらめていました。

そして僕の個人指導を担当してくださったのは入江先生でした。

まず基礎から教えていただきました。

そして偏差値がぐんぐん上がっていきました。

そして最後の駸々堂ではいつのまにか偏差値30台が偏差値40台になっていました。

 

そして入試まであと19日、18、17、16…と日がたち、入試前日の最後、佐藤先生が背中をたたいて気合を入れてくれました。

「バン!」心の中で「ヴぉぇ!」痛かったけど気合が入った。

そしてお母さんが夜ご飯にカツを出してきた。

「受験にカツ!」って言われて一応食べた。

受験当日、大谷中学で佐藤先生が応援に来て下さった。

現場には自分を含めて3人の背中をたたいて気合を入れてくれた。

「バン!」心の中で「ヴぉぇ!」でも気合が入った。

そして3人とも受かった(マスタークラス)。

 

この何年間かをふり返って

僕はこの何年間かをふり返った。

そうすると、バカな自分がたくさん出てきた。

というか、ほぼバカなことをしていた。

何でちゃんと勉強しなかったんだろうと思った。

でも、いくら過去をふり返っても絶対に戻ってこない。

だから、この先の未来の自分に役立つバネをつくる。

受験が終わってから僕は過去の出来事なんて胸の奥にしまっている。

過去は見なくていい。

だって自分にはまだ未来があるから。

 

 

Oくんのお母さん

入江塾へお世話になるまで転塾3回低空飛行を続けていた

この度は、息子を合格へと導いて頂き有難うございました。

まさか、試験一週間前にインフルエンザとなり、高熱が続き、本人も諦めかけていた様でした。

しかし、先生やお友達の気迫にのまれるかの様になんとか試験まで走り抜いたと思います。

 

振り返りますと、息子が入江塾へお世話になるまで転塾は3回、低空飛行を続け、辛い日々が続きました。

それまで大手塾へお世話になっていた息子は常に「勉強量が足りません。もっともっと頑張って下さい。」と言われ続け、詰め込み型で拘束時間も長い環境について行けず、遂には塾に行かなくなりました。

性格も6年生にしては幼く、私との仲もあまり良好とは言えず、途方に暮れていたときに、以前ネットで気になっていた入江塾へ相談し「個人指導を私が見ましょう」と言ってくれた入江先生に甘えお世話になる事になりました。

その頃はもう10月で、駸々堂模試も大半が済んでおり、その模試も偏差値30台、入江先生もびっくりされている様でした。

 

子供が子供らしく真面目に勉強に取り組める塾

息子は注意される事には慣れていましたが、褒められる事には慣れておらず、塾でこんないい事を言ってもらえたと些細な事でも喜んで私に報告してくれました。

大手塾の頃は、勉強に対してどうしていけばいいのか、弱点は何か、を問い続けてきましたが、いつもありきたりの答えだったのが、入江先生は、息子の勉強のくせ、姿勢、苦手なところをよく分析し、効率良く指導して下さり、又、私にもよく報告して下さいました。

子供が子供らしく真面目に勉強に取り組める塾だと改めて感じずにはいられません。

息子は、最後まで自宅で勉強する事はあまりありませんでした。

でもその分、塾で先生方にしっかり支えられ、勉強させて頂きました。

 

まだまだこれからですが、塾での経験や先生方に出会えた事、又、共に歩んだ友達との時間を糧にし、今後も頑張っていって欲しいと切に願ってやみません。

本当に感謝しかありません。

ありがとうございました。

 

 

 

入江塾合格体験記トップへ

入江塾トップページへ