入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

2019年合格体験記 Fさん…同志社女子(WR)合格

Fさん…同志社女子(WR)合格

Fさん

レベルの高いお友達と切磋琢磨しながら勉強することができた

私は4年生の2月に入江塾に入塾しました。

入塾したきっかけは、4年生の秋に見に行った同志社女子中学に一目惚れしたからです。

当時は学校の授業に追いついていくのも精一杯だったので、同女に合格することは夢のまた夢でした。

 

そんな中で入江塾に入ったのですが、授業を理解することが難しく、このまま塾を続けられるか不安でした。

でも、算数以外の科目は、そのうち、少しずつ理解できるようになり、算数も個人指導のお陰で宿題を何とかこなせるようになりました。

 

6年になってからの五ツ木・駸々堂模試では算数以外の教科は、点数が伸びたものの、算数は点数が伸びず、このままでは合格は難しいと思うようになりました。

そこで算数については、毎朝、入江塾の授業で使っている四谷大塚の予習シリーズをお母さんと一緒に復習することにしました。

その他にも、夏休み前から、京女対策に入れてもらったことで、自分よりレベルの高いお友達と切磋琢磨しながら勉強することができ、良い経験ができました。

 

塾のアットホームな雰囲気で、燃え尽きず最後まで全力を尽くして頑張れた

10月に京女のプレテストがあった後、京女対策を抜けて本格的に同女の過去問を解き始めました。

やはり、私は同女の過去問でも算数の点数が悪かったので、一回すべて解いた後に、点数の悪かったところから、もう一度解き直しをしました。

 

本番前日は、塾の友達とホワイトボードに寄せ書きをしたときに、「この塾に入ってよかったなぁ、この塾終わりたくないなぁ」としみじみ感じました。

本番は、同女の入り口で八木先生がキットカットや入江塾特製の消しゴムを下さって、いよいよ本番だなと気持ちを高めることができました。

本番は、先生や友達からのメッセージを持って行ったので、とても心強く感じられて、これだけやってきたから大丈夫と落ち着くことができました。

 

合格発表の時は、試験のときより緊張しました。

もし落ちたら、それはこの学校に合わないということなのかなと思おうと決めていました。

結局、無事に合格することができました。

それにはやはり、この塾のアットホームな雰囲気、ユニークな先生方、仲良くしてくれた友達がいたからこそ、燃え尽きず最後まで全力を尽くして頑張れたと思います。

今までどうもありがとうございました。

 

Fさんのお母さん

塾を決定するにあたっては、睡眠時間が確保できること、燃え尽きて勉強が嫌いにならないという点を重視した

入江塾には4年生の終わりから2年間、大変お世話になりました。

アットホームな雰囲気の中、娘を合格まで導いてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

当初、我が家は中学受験をする考えはありませんでした。

正直なところ、娘は小学校の成績、特に算数は授業を理解するのもやっとという感じでしたので、受験をすることは考えられませんでした。

ですが、同女が楽しそうだという話を耳にして、4年生の秋に学校見学会に参加することにしました。

そしてその後、娘が絶対に同女に行くと言い出したため、塾探しを開始することにしました。

塾を決定するにあたっては、1)睡眠時間が確保できる、2)燃え尽きて勉強が嫌いにならないという点を重視しました。

 

お友達から、入江塾のことを教えていただき、HPを拝見して、希望に沿う塾だと考え、授業を親子で体験させていただきました。

授業のレベルは高く、特に算数に関しては娘は全く理解できていないと感じました。

そこで、入塾と同時に算数に関しては、個人指導を週1回お願いすることにしました。

元々、読書は好きでしたので、算数以外の科目については、すぐに授業に興味を持てるようになりました。

塾では週一回の授業でかなり知識を詰め込みますので、時には宿題にいっぱいいっぱいになってしまうこともありました。

そうした時は、娘は佐藤先生に宿題を見せて、問題量を減らしてもらったりしていました。

こうした生徒に合わせた柔軟なご対応のお陰で、娘は達成感を得ながら勉強を続けてこれたと思います。

 

三位一体の指導のお話を聞き、家庭でも何かしようと考えた

今からちょうど1年前、入江塾で保護者会があり、入江先生から三位一体の指導のお話を聞いて、家庭でも何かしようと考えました。

特に算数は苦手なため、塾でなんとか解き方を理解してきても、自力で解けない問題が多くありました。

そこで、予習シリーズのテキスト4年上下、5年上下について、必修問題、類題、基本問題を確認していきました。

練習問題については手をつけませんでした。

この勉強は、毎朝、通学する前の15分間でやり、テキストをひと通り終えたのは6月頃でした。

その後は、一行問題を10問毎朝解くことを継続しました。

 

6年生の7月から京女対策のクラスに入れていただいたことで、お友達が増えて、塾に行くことがさらに楽しくなってきたようでした。

家でも塾のお友達の名前がよく出るようになり、和気あいあいと勉強していることが伝わってきました。

 

今後の成長に繋がる塾にお世話になることができた

直前期になっても家庭では、朝の勉強は続けていましたが、塾から帰った後は、本か漫画を読んでリラックスしていました。

ただし、先生に“漢子”とあだ名を付けられるほど、漢字の間違えが多かったので、科目を問わず、漢字間違えしているプリントだけは抜き出して、正しい漢字を確認しました。

受験前日は、塾がいかに充実してて楽しかったかを興奮しながら話す娘を早く寝かしつけるのに苦労しました。

受験当日も、八木先生が応援に来てくださり、娘は安心して受験会場に向かうことができました。

 

この2年間は目標に向かって頑張ることを学んだ充実した時間だったと思います。

入江塾は学習面だけでなく、人間的にも娘を成長させてくれました。

今後の成長に繋がる塾にお世話になることができ、本当に幸運でした。

どうもありがとうございました。