入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

2019年合格体験記 Cさん…同志社女子(WR 自己推薦)合格

Cさん…同志社女子(WR 自己推薦)・京都女子(Ⅲ類)合格

Cさん

さみしくなる程楽しくあっという間の三年間

私には始め、受験というとかた苦しい雰囲気がありました。

しかし、伯母がどこからか見つけてきた入江塾に体験に行った時、楽しそうだなと思いました。

そして、四年生になる直前の春から入江塾に入塾しました。

 

得意だった国語のおかげで五ツ木・駸々堂の模試の成績は保てていましたが、やる気が出ず放っておいた算数や社会はあまりのびず、その後特に算数を重点的に頑張りました。

最後の模試で算数の偏差値が過去最高で、嬉しかったです。

 

その後12月に推薦にとおり、見事第1志望の同女の合格することができました。

これもいつも支えてくれていた先生方のおかげだとおもっています。

少しさみしくなる程楽しくあっという間の三年間でした。

ありがとうございました。

 

Cさんのお母さん

テンポのよいわかりやすい授業に気に入り入塾を決めた

この度は、娘が同志社女子中学に合格することができました。

ありがとうございました。

 

小学3年の冬期に他塾で受けたテストの結果が良くこの子は中学受験に向いていますよと言われ、中学受験を意識はしたものの、塾に行くために当時習っていた習い事をやめたくないと娘が言っていたこともあり諦めかけていました。

そんな時に私の姉が通塾回数の少ない入江塾を見つけてきたので早速見学に行ってみるとテンポのよいわかりやすい授業に私も娘も気に入り、助かることに送迎もあったためすぐに入塾することにしました。

 

それからは私が仕事で忙しいということもあり、娘の勉強を一緒に見てあげることもできませんでしたが、塾には自分で用意をし楽しそうに通っていました。

習い事も6年になる頃には自ら減らしたものの、剣道は6年の夏まで続けていました。

 

短時間でも無駄のない勉強をさせてもらった

中学受験で悩んだことといえば志望校選びです。

先生にも何度か相談させていただき、最終的には明るくて元気な子が多いと感じた同志社女子にしました。

そして、自己推薦が通過してからも、冬休み年末年始と塾には通い続けていました。

塾でがんばっていたからか、自宅では勉強している姿をほとんど見かけませんでしたが、模試の偏差値は一定の数値をキープしていたこともあり、短時間でも無駄のない勉強を塾でさせてもらっていると感じていました。

 

また、3年間塾ではクールに過ごしていた娘が、入江塾にもう通えないと思うとすごく寂しいと最終日に言ったことからも塾が大好きで学ぶことの楽しさを教えていただいたと思いました。

未熟な娘を成長させていただいた入江塾の先生方には本当に感謝しております。

3年間親子ともにお世話になりました。

ありがとうございました。