入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

2019年合格体験記 Kくん…京都学園(GN一貫・B特待)合格

Kくん…京都学園(GN一貫・B特待)合格

Kくん

入試では問題を解いていく内に緊張もなくなり、おかげで面接もうまくできた

僕は、4年生から入江塾に通いました。

入江塾に通い始めた時は、誰も友達がいなくて戸惑っていたけれど、時間が経って仲良くなっていくにつれて、塾に行くのが楽しくなっていきました。

 

初めは大谷中学校に行こうと思っていたけれども、6年生になった頃に京都学園には地球学やボルダリング部などいろんな楽しい事があるのを知って、志望校を京都学園中学校に変更しました。

試験当日の朝京都学園中学校の前に先生が来られていて、声援をもらって試験に臨みました。

試験が始まるまで、横を見ると知らない人だったけれど、横の人よりも得点が高いように頑張りたいと思いました。

試験が始まってすぐは緊張していたけれど、問題を解いていく内に不安と心配がなくなるにつれ緊張もなくなり、おかげで面接もうまくできました。

 

面接では、「なぜ京都学園中学校を志望したのですか?」「誰に勧められて志望しましたか?」「小学校6年間で一番楽しかった事は何ですか?」「小学校で一番頑張った事は何ですか?」「科目で一番頑張ったのは何ですか?」などを質問されました。

 

Kくんのお母さん

サッカーをやめることなく通える入江塾に決めた

息子は4年生から塾に通い始めました。

本人には色々な勉強をして欲しい事と、進学する中学校の選択肢を増やすためにと納得させつつ、小学校生活を塾だけの思い出にはさせたくなかったので、大好きなサッカーをやめることなく通える入江塾にお世話になることにしました。

 

息子は人見知りが激しく、特に先生方にはなかなか心を開かず、心配しながらの通塾でした。

なかなかヤル気が見えず、オープンキャンパスにいってこの学校がいいかなと言いつつも、全く勉強につながりませんでした。

6年生になって、サッカー・陸上部と忙しい中、演習、算数・国語の個人指導を追加してもマイペースさは全く変わらず、最後の最後まで受験に対して意欲があるのかわかりませんでした。

さらには、勉強しながらも寝てしまう相変わらずさで根気強くつきあってお声がけいただいた佐藤先生、八木先生をはじめ入江塾の先生方、大変お世話になりました。

 

予想外の特待生での合格

テスト以上に面接に自信がないと嘆いてた息子が、入学試験終了後、「面接もハキハキ話せたし、たぶん合格したよ~」と戻ってきました。

当日の朝、先生方が会場まで応援に来ていただき、メッセージ付きの合格祈願のプレゼントまでいただいたおかげで、緊張せずに受験できたのだと思います。

志望校に合格できただけでなく、特待生での合格は予想しておらず、今でも信じられない思いです。

これから学校に入ってからが大変だと思いますが、少しは今回の合格が自信につながって頑張ってくれると思います。

3年間、本当にお世話になり、ありがとうございました。