入江塾は、京都市の塾グループ「育星舎」のなかの中学受験専門部門で、小学生を対象とした学習塾です。本部の北野教室(北野白梅町、円町)を中心に出町教室・桂教室でも開講中です。
(平日14:00~22:00 土曜13:00~20:00)

2019年合格体験記 Aくん…洛星合格

2019年合格体験記 Aくん…洛星・東山(ユリーカ)合格

Aくん

6年生の前半くらいまでは、出された宿題をこなすのに精いっぱいだった

ぼくは、4年生の時のはじめ、友達のさそいで入江塾に入塾しました。

6年生の前半くらいまでは、出された宿題をこなすのに精いっぱいで、演習でも宿題ばかりしていました。

さらに、志望校も4校と多くあり、第一志望を決め切れていない状態でした。

そんな時、佐藤先生との面談がありました。

面談中は緊張して、あまりしゃべれなかったのですが、最後に決断を迫られたとき、ぼくは、洛星中学校を選び、洛星中学校に合格するために頑張る決意をしました。

過去問をやっていると、段々解けるようになり、自分の身に力がついているような気がしました。

 

みんなで合格したいとの思いと両親や先生の応援で最大限の力が出せた

受験前日。

学校で「どうしよー。ヤバイヤバイ・・・。」と散々さわいだ後、小学生で最後の演習を受けるため、入江塾に向かいました。

演習の途中にみんなでホワイトボードに寄せ書きをし、写真をとりました。

この仲間たちと、みんなで合格したいと思いました。

送迎車に乗り、出町柳についたときに、木村先生が「いつも通りやったらできる」とはげましてくださったので、心の中で「絶対合格するぞ。」と思いました。

 

受験当日。

洛星中学校につくと、秋定先生が応援グッズを下さり、とてもうれしかったです。

そして、両親と先生の応援のおかげで、最大限の力を出すことができ、合格することができました。

お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

 

Aくんのお母さん

5年終了時には洛星を狙えなかったが1年もあるんですよ!大丈夫ですよ!と頼もしい言葉を頂いた

この度、第一志望の洛星中学校に合格することができました。

入江塾の先生方をはじめ、一緒に楽しく勉強を頑張ってくれた入江塾のお友達にも、心より感謝いたします。

 

4年生になり、体験入塾した大手の塾は夜が遅く、授業がつまらないと本人が敬遠し、友人の紹介で入江塾の体験を受け、「ここに行きたい!」と即決。

4年生の7月から入江塾(出町教室)で、週2日の4科授業を受けることになりました。

 

5年の9月より、夏期講習がよほど楽しかったのか、北野教室での土曜日授業をあっさり快諾し、土曜日授業+演習となり北野へ移籍しました。

5年の12月から駸々堂対策が始まりましたが、その頃までの駸々堂の結果は、軒並み偏差値60前後で、とても洛星を狙えない状態で、5年生を終えました。

この頃の佐藤先生との面談で、「高槻・洛星志望ですとお伝えするのも恥ずかしいのですが・・・。」と話したところ、「お母さん、まだ1年もあるんですよ!大丈夫ですよ!」と頼もしい言葉をいただいたのを覚えています。

 

煮え切らない本人の志望校選び。面談で洛星受験への背中を押して頂いた

6年生に入り、駸々堂対策、3月から始めた秋定先生の個別の効果が着実に表れ、徐々に成績が上がっていき、夏には偏差値70辺りまで伸びてきました。

7月に始まった高槻・洛星対策講座にも入れていただき、学校説明会などに参加する中で、志望校の絞り込みを行っていきました。

 

しかしながら、肝心の本人の志望校が煮え切らず、再び、佐藤先生に相談したところ、3者面談の場をいただきました。

「第一志望を決めないと対策しようがないから、はっきり決めなさい!洛星で行くな!いいな!」と、背中を押すとともに、親の意向の代弁をしていただきました。

終わってみて感じましたが、過去問を解く時間や傾向を知る意味でも、チャレンジ校はせいぜい2校が限界だと思いました。

8月に受けた洛星オープンテストはB判定でした。

 

親子で日々の家庭学習を継続、洛星の過去20年の算数を全問チャレンジ

10月に入り、五ツ木駸々堂模試の偏差値が65前後に逆戻りしてしまいました。

この頃まで完全に塾任せになっており、家庭でのゼロ勉が原因なのは明白でした。

洛星受験に向けて、入江先生との面談の機会をいただき、「大手の塾の生徒は、もう余力がない。うちの子はこれからが勝負です。(模試結果と洛星合格者の分布を見せられ)まだまだ届くポジションにいるのだから、これからはご両親も協力して、家庭での学習に協力してください。」とご指導いただきました。

ここで、ついに両親ともにエンジンが点火し、家庭での指導にあたりました。

夜の演習を2コマ増やし、塾の宿題は家庭で終わらせ、さらに夫婦で分担して、社会と理科の予習シリーズの実力完成問題集の潰し込作業を毎日続けました。

 

本番100日を切り、少しでも気を紛らせようとゲーム感覚のカレンダーを作り、親子で日々の家庭学習を継続しました。

週末には、秋定先生の難問プリントを一緒に解き、さらに、11月からは、洛星の理科の攻略に向けて、木村先生の理科個別を追加することにしました。

そんな中、難問がなかなか解けないので、原因を調べると、駸々堂対策の直しが全然出来ていないことが判明。

算数の難問解きを中断し、今までの駸々堂対策の直しの全問トライに徹し、算数の基礎力の総ざらいをしました。

間違い直しのボリュームが多すぎて、音を上げた息子に一喝したのもこの頃です。

 

11月の洛星オープンでB判定、最後の五ツ木駸々堂も偏差値70手前まで復調し、冬期講習のラストスパートに入りました。

冬期講習中は帰宅後、洛星の赤本を広げ、塾で未着手の年度の問題と、洛星の過去20年の算数を「速さ」「図形」「規則性」の3つに分類した問題集をつくり、全問チャレンジに毎晩遅くまで励みました。

 

「今までやったどの過去問よりも一番解けた!」との本人の声に頑張りが報われたなと感じた

そして、当日を迎えました。秋定先生と校門で待ち合わせ、先生方の寄せ書きと消しゴムをもらって、だいぶ緊張が和らいだようです。

大手校の出陣式の勢いに圧倒される前に、会場に入ってしまうよう秋定先生がリードされました。

会場に向かう直前、“あの”秋定先生から力強く背中を叩かれ、本人は、「これはやらなければ」とすごく力が湧いてきたと語っていました。

受験を終え、会場から出てくる息子から、「今までやったどの過去問よりも今日が一番解けた!」と興奮気味に第一声があがり、結果は如何にせよ、頑張りが報われたなと感じました。

 

先生方にはマイペースでのんびり屋の息子の性格に寄り添っていただき、時には厳しくおしりを叩いて、つらい時にはサポートしていただき本当に感謝しております。

この一年は母である私も悩み多い一年ではありましたが、「何かあったら私に言ってください!」という佐藤先生のお言葉が本当に頼もしく助けられました。

入江塾の皆様、本当にありがとうございました。